阿部 牧郎

(アベ・マキロウ)
阿部 牧郎(あべ まきお、1933年9月4日 - )は、日本の小説家。 京都府出身、高校時代を秋田県花輪町(現在の鹿角市)で過ごした。京都大学文学部フランス文学科卒。サラリーマン生活の傍ら作家活動に入り、1968年に『蛸と精鋭』が候補になって以後69~71年にかけて7回(61、62、64、65、67、71回)直木賞候補になる。1987年『それぞれの終楽章』で第98回直木賞受賞。処女作から受賞作までの悪戦苦闘の足跡を綴った自伝的小説に『大阪迷走記』(新潮社)がある。 官能小説家として多くの作品があるが、野球に関する小説も多く、直木賞候補になった『失われた球譜』以後『狼たちの笑う日』や『ドンキホーテ軍団』、『焦土の野球連盟』などフィクション、ノンフィクションの区別なく秀作がある。また、『危機の外相 東郷茂徳』、『英雄の魂 小説石原莞爾』、『豪胆の人 帝国陸軍参謀長・長勇伝』などの評伝小説も多い。読売ジャイアンツの大ファンである。また競馬ファンでもあり、1976年の春の天皇賞が一番印象に残っているとNHK競馬中継でゲストで出演した時に語っていた(1988年春の天皇賞における放送時。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第98回 直木賞

阿部 牧郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

10分間の官能小説集 (講談社文庫)


小説現代 編集 /
講談社 2012-06-15

エロスの記憶 文藝春秋「オール讀物」官能的コレクション2014



文藝春秋 2014-05-22
小説誌の雄『オール讀物』編集部がお贈りする、文藝とエロスの豪華絢爛コラボレーション!近年オール讀物が掲載した、性とエロスの香り漂う創作や特集記事を再編集し、一冊にまとめたのがこの『エロスの

10分間の官能小説集2 (講談社文庫)


小説現代 編集 /
講談社 2013-05-15

定年直後 (徳間文庫)



徳間書店 2011-04-01

われらの再生の日



講談社 2014-01-17
ほんの冷やかしのはずだった……。60代後半の物書き・矢部三郎は取材にと飛びこんだセクシー・キャバクラの女・ゆりあに入れ込み、店外につれだして心身ともに関係を深めていく。同時にパソコンの手ほどきを受けた

われらの再生の日



講談社


阿部 牧郎の著書を検索する

阿部 牧郎の関連ニュース


阿部 牧郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、阿部 牧郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「阿部 牧郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.