我孫子 武丸

(アビコ・タケマル)
我孫子 武丸(あびこ たけまる、1962年10月7日 - )は日本の小説家、推理作家。本名は鈴木 哲(すずき あきら)。ペンネームは島田荘司の命名。 兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部哲学科中退。大学在学中は京都大学推理小説研究会に所属。 1989年、『8の殺人』で小説家デビュー。速水三兄妹・人形シリーズなどのコミカルタッチや女性視点の作品から、腐蝕シリーズ・『殺戮にいたる病』などの重いタッチの作品まで、幅広く手がける。また、漫画作品『半熟探偵団』(絵:河内実加)の原作も手がける。 1994年に発売されたサウンドノベルゲームソフト、『かまいたちの夜』のシナリオを担当し、小説以上とも形容できうる名声を得る。本作はいくつかの選択肢があるものの、基本的に小説を読み進めるだけのゲームであるが、内容はこれまでにない本格ミステリーであり、プレイヤーに推理させ文字入力により回答させることが受け、大ヒットとなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

我孫子 武丸の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

殺戮にいたる病 (講談社文庫)



講談社 2013-10-11
永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者

殺戮にいたる病



講談社

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

弥勒の掌



文藝春秋 2014-11-07
これが現代ミステリの到達点だ!愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事、蛯原。妻が失踪して途方に暮れる高校教師、辻。やがてふたりはある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始する

弥勒の掌 (文春文庫)



文藝春秋

監禁探偵



実業之日本社 2013-04-01
あなた、誰……殺しちゃったの?手錠を外してくれたら手伝うから――。もう漏れちゃう――。警察に行ったりしないから……待って、お願い! 少女を監禁していた男が、死体を発見して容疑者に!? 変態が真犯人を追

監禁探偵 (マンサンコミックス)


西崎 泰正 イラスト /
実業之日本社 2011-01-29

監禁探偵(2) ~狙われた病室~



実業之日本社 2013-04-01
ひき逃げされ救急病院に搬送された身元不明の少女、アカネ。開頭手術という難しい手術ながらも、“神の手”を持つという天才外科医に奇跡的に命を救われる。しかしアカネは、「全生活史健忘」という自分個人に関する

我孫子 武丸の著書を検索する

我孫子 武丸の関連ニュース


我孫子 武丸のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、我孫子 武丸と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「我孫子 武丸」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.