饗庭 篁村

(アエバ・コウソン)
饗庭篁村(あえば こうそん、安政2年8月15日 (旧暦) 8月15日(1855年9月25日)- 1922年6月20日)は、明治時代の小説家で演劇評論家。根岸派の重鎮。本名は饗庭與三郎。別号「竹の屋(舎)(たけのや)主人」とも称す。下谷龍泉寺町生まれにちなんで「龍泉居士」、その縁で「太阿居士」、南傳町2丁目に住んで「南傳二」とも。
ほぼ独学ではあるが和漢学に造詣が深く俳諧の道にも明るかった柳田泉は「俳諧の教養が基礎となっている」と評した(「明治文壇における俳諧精神」)。。作家としては「戯作者」世代と坪内逍遥、幸田露伴ら新時代の作家たちとの過渡期に位置づけられる。篁村はこの時期の代表的な作家のひとりと見られており、幸田露伴は、饗庭篁村と須藤南翠が明治20年前後の「二文星」、「当時の小説壇の二巨星」であったと記し幸田。、江見水蔭は「篁南両大関時代」としたという稲垣「作品解説」。。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

饗庭 篁村の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

饗庭篁村 (明治の文学)


坪内 祐三 編集 /
筑摩書房
03年初版1刷発行です。カバー表紙に経年微ヤケ・薄ヨゴレ・微キズがございます。本文は、栞紐が未使用で、書き込み・折れ・ヤケ・ヨゴレ等はございません。帯付です。丁寧に発送いたします。どうぞよろしく。

近世畸人伝


饗庭 篁村 その他 /
Kindleアーカイブ 2016-07-23
原本出版年:1912 原本出版者:富山房本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適

良夜



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

隅田の春



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

明治文學全集 26 根岸派文學集


稲垣 達郎 編集 /南 新二 その他 /
筑摩書房

日本永代蔵


饗庭篁村 その他 /
Kindleアーカイブ 2015-05-01
原本出版年:1903 原本出版者:富山房本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適

竹影集



日高有倫堂

良夜 (青空文庫POD(大活字版))

¥432

青空文庫POD 2016-07-31


饗庭 篁村の著書を検索する

饗庭 篁村の関連ニュース


饗庭 篁村のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、饗庭 篁村と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「饗庭 篁村」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.