阿川 弘之

(アガワ・ヒロユキ)
阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年(大正9年)12月24日 - 2015年(平成27年)8月3日)は、日本の小説家、評論家。 広島県名誉県民。日本芸術院会員。日本李登輝友の会名誉会長。文化勲章受章。代表作に、『春の城』『雲の墓標』のほか、大日本帝国海軍提督を描いた3部作(海軍提督三部作)『山本五十六』『米内光政』『井上成美』など。 阿川は『私の履歴書』では、〔私の「履歴」を一と言で記せば、「地方の平凡な中流家庭に生まれ、小学校から大学まで、ごく平坦平凡な学生生活を送り、戦争中は海軍に従軍して多少の辛酸を嘗めたが、戦後間もなく志賀直哉の推輓により文壇に登場、以来作家としてこんにちに至る」、これだけである〕と回顧している。法学者の阿川尚之は長男、タレント・エッセイストの阿川佐和子は長女。 = 生い立ち = 阿川甲一の長男として広島市白島九軒町土手通り(現中区白島九軒町)に生まれた(本籍地は山口県美祢郡伊佐村(現美祢市伊佐町)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第47回 野間文芸賞 / 第4回 読売文学賞小説賞

阿川 弘之の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

山本五十六 (上巻) (新潮文庫)



新潮社
未読本。

山本五十六(上) (新潮文庫)



新潮社 2011-06-01
戦争に反対しながら、自ら対米戦争の火蓋を切らねばならなかった聯合艦隊司令官山本五十六。今日なお人々の胸中に鮮烈な印象をとどめる、日本海軍史上最大の提督の赤裸々な人間像を余すところなく描いた著者畢生の力

山本五十六(下) (新潮文庫 (あ-3-4))



新潮社 2011-06-01
下巻では、聯合艦隊司令長官に任命された山本五十六が、いよいよ真珠湾強襲の構想を固めるところから、昭和18年4月18日、ブーゲンビル島上空において敵機の襲撃を受け壮絶な最期を遂げるまでを克明に綴る。世界

きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本)


岡部 冬彦 イラスト /
岩波書店

井上成美(新潮文庫)



新潮社 2016-04-01
昭和五十年暮、最後の元海軍大将が逝った。帝国海軍きっての知性といわれた井上成美である。彼は、終始無謀な対米戦争に批判的で、兵学校校長時代は英語教育廃止論をしりぞけ、敗戦前夜は一億玉砕を避けるべく終戦工

井上成美



新潮社

井上成美



新潮社


阿川 弘之の著書を検索する

阿川 弘之の関連ニュース


阿川 弘之のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、阿川 弘之と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「阿川 弘之」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.