阿井 渉介

(アイ・ショウスケ)
阿井 渉介(あい しょうすけ、1941年12月2日 - )は、日本の小説家。本名、阿井文瓶(あい ぶんぺい)。 人物・来歴 1941年、中国の北京市に生まれる。1953年に静岡県焼津市に移り住む。早稲田大学文学部卒業後、家業の家具店を手伝っていたが、1972年、商売に嫌気がさし上京。大学時代に親しくなっていた脚本家の石堂淑朗に弟子入りした。石堂の勧めで『ウルトラマンA』のフォース助監督を務める傍ら、脚本家としての基礎を学ぶ。1973年、本名の阿井文瓶名義で『ウルトラマンタロウ』第26話の脚本を執筆しデビュー。以後『ウルトラマンレオ』のほか、一般ドラマの脚本を執筆。 1980年、阿井渉太郎名義の『第八東龍丸』で第35回小説現代新人賞を受賞、以後小説家生活に入る。主に推理小説を手がけるほか、海洋冒険小説も発表。 主な作品に『視聴率の身代金』『列車消失』『逆鱗の島に還れ』『荒南風』『魂丸』『大断層の東』『大江戸ひっくり返史』など多数。 『うなぎ丸の航海』は世界初のうなぎ産卵場発見記。 『捏像 はいてなかった赤い靴 定説はこうして作られた』は、童謡「赤い靴」の少女にはモデルがあったとされる従来の定説が、テレビ番組の捏造による、全く根拠のない虚説であることを検証、告発したノンフィクション。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

阿井 渉介の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

阿井 渉介の著書を検索する

阿井 渉介の関連ニュース


阿井 渉介のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、阿井 渉介と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「阿井 渉介」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.