相田 みつを

(アイダ・ミツオ)
相田 みつを(あいだ みつを、本名:相田 光男、雅号:貪不安(ドンフアン)、1924年5月20日 - 1991年12月17日)は、日本の詩人・書家。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。書の詩人、いのちの詩人とも称される。 生い立ち 1924年、栃木県足利市に生まれた。生家は名刹、鑁阿寺(ばんなじ)の東に位置していた。旧制栃木県立足利中学校在学中に書や短歌、絵に親しんだが、喫煙の濡れ衣をきせられ軍事教練の教官に嫌われたために進学を断念。卒業後は歌人・山下陸奥に師事した。1942年、歌会で生涯の師となる曹洞宗高福寺の武井哲応と出会い、在家しながら禅を学んだ。1943年、書家を志して岩沢渓石に師事、本格的に書の修行を積んだ。1953年3月、関東短期大学夜間部国文科卒業。 創作活動 相田は書の最高峰のひとつとされる毎日書道展に1954年から7年連続入選するなど、技巧派の書家として出発した。1947年の鄭道昭の臨書・「鄭文公碑臨書」で古典書道における実力を示す一方、1950年に栃木県芸術祭書道中央展に出品した「宿命」では、伝統的な書道界に対する複雑な思いを詩文書の形で吐露。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

相田 みつをの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

にんげんだもの



文化出版局
1991年1月第69刷発行(1984年4月初版) 「おかげさま」

愛蔵版 にんげんだもの



文化出版局

にんげんだもの (こころの暦)



三和技研(株)
テニスの錦織圭選手も師匠の松岡修造さんも相田みつをの日めくりの言葉に影響をうけて大活躍しております。ぜひ多くの人々にこの日めくりをご使用お勧めします。 相田みつを自身が自ら考え自分のことばで制作したこ

生きていてよかった (角川文庫)



角川書店
旧制中学校時代から書と短歌に打ち込んできた著者は、思考錯誤を繰り返しながら、やがて独自の世界を作り上げていった。 これは詩集というよりは、毛筆で「詩」をうたったアートだ。もちろん毛筆自体も著者

生きていてよかった


相田 一人 監修 /
ダイヤモンド社
旧制中学校時代から書と短歌に打ち込んできた著者は、思考錯誤を繰り返しながら、やがて独自の世界を作り上げていった。 これは詩集というよりは、毛筆で「詩」をうたったアートだ。もちろん毛筆自体も著者

相田みつを ザ・ベスト にんげんだもの 逢 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-08-25


相田 みつをの著書を検索する

相田 みつをの関連ニュース


相田 みつをのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、相田 みつをと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「相田 みつを」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.