相村 英輔

(アイムラ・エイスケ)

相村 英輔の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

幕末風聞録3 定家葛炎色紙



2017-01-24
嘉永三年―― 元日そうそう日蝕があり、不安げに年はあけた。 七日の朝、十年ぶりに雪が積もったがたちまち一尺の大雪となり、 天変地異の前触れかと思われた。

幕末風聞録2 妖刀異聞



相村英輔 2016-06-23
嘉永二年冬――その昔『化け猫騒動』で名をはせた鍋島家だが、今や『化け牛騒動』で日本国中を騒がせていた。蘭学好きのお殿様が『牛痘種法』推進のため子息や領民に痘苗を接種するので、「

幕末風聞録1 麻布暗闇坂



相村英輔 2016-03-20
嘉永二年、山王祭は陰祭りだった。昼下がりの炎天下――人気がまばらになった江戸一番の大通りを、南町奉行所同心青柳波四郎は、かぶり物もなしに南に向かって歩いていた。

相村 英輔の著書を検索する

相村 英輔の関連ニュース


相村 英輔のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、相村 英輔と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。