会津 八一

(アイヅ・ヤイチ)
会津 八一(あいづ やいち、會津八一、1881年(明治14年)8月1日 - 1956年(昭和31年)11月21日)は、日本の歌人・美術史家・書家。雅号は、秋艸道人、渾斎。1951年に新潟市名誉市民。  新潟県新潟市古町通五番町に生まれる。中学生の頃より『万葉集』や良寛の歌に親しんだ。1900年新潟尋常中学校(現新潟県立新潟高等学校)卒業後、東京専門学校(早稲田大学の前身校)に入学し、坪内逍遙や小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)らの講義を聴講した。この頃すでに「東北日報」の俳句選者となる。1906年早稲田大学英文科卒業。卒業論文にはキーツをとりあげた。卒業後は、私立有恒学舎(現:新潟県立有恒高等学校)の英語教員となって新潟に戻り、多くの俳句・俳論を残した。1908年に最初の奈良旅行をおこなって奈良の仏教美術へ関心を持ち、またこの旅行が俳句から短歌へと移るきっかけともなった。 1910年に坪内逍遙の招聘により早稲田中学校の英語教員となり上京。1914年、東京小石川区高田豊川町に転居し、「秋艸堂」と名付ける。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

会津 八一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

自註鹿鳴集(新潮文庫)



新潮社 2016-06-17
歴史、美術への深い造詣を背景に、奈良の古寺、古仏を愛してのびやかに“やまとくにはら”へのつきない憧憬を詠みつづけた自然人、会津八一。万葉調を近代化した新鮮、独自の歌に、自ら平明詳細な註を付したこの歌集

自註鹿鳴集 (新潮文庫)



新潮社
歌人、美術史家、書家としての碩学を世に謳われた会津八一。万葉調、良寛調を昭和に蘇らせて、その歌人としての名を決定的に高めた代表作を処女歌集と併せて作者自ら注解する。美術史の教養と芸術的意図をふんだんに

自註鹿鳴集



中央公論美術出版

自註鹿鳴集



中央公論美術出版

会津八一全歌集 新字版


水垣久 編集 /
やまとうたeブックス 2015-08-01
昭和26年中央公論社刊『會津八一全歌集』に最小限の補訂を加えた上で電子書籍化したものです。会津八一が古希の記念として「自ら生前に訂正の筆を加へて定本を編しおく」(序)との意図のもとに自ら編

會津八一全歌集 旧字版


水垣久 編集 /
やまとうたeブックス 2015-08-01
昭和26年中央公論社刊『會津八一全歌集』に最小限の補訂を加えた上で電子書籍化したものです。會津八一が古希の記念として「自ら生前に訂正の筆を加へて定本を編しおく」(序)との意図のもとに自ら編

秋艸道人会津八一墨蹟 かな―新潟市会津八一記念館所蔵


新潟市会津八一記念館 編集 /会津八一記念館= 編集 /
二玄社

会津八一全歌集 (1965年)



中央公論美術出版


会津 八一の著書を検索する

会津 八一の関連ニュース


会津 八一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、会津 八一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「会津 八一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.