赤江 瀑

(アカエ・バク)
赤江 瀑(あかえ ばく、本名:長谷川 敬〈はせがわ たかし〉、1933年4月22日 - 2012年6月8日)は、日本の小説家。主に芸能や工芸の世界を舞台にした、耽美的、伝奇的な作風で、熱烈な支持者を持つ。 『オイディプスの刃』で第1回角川小説賞を受賞、『海峡』『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞を受賞している。 1933年 山口県下関市で、教員の両親の間に6人兄弟の次男として生まれる。本名:長谷川敬。戦争中は豊浦郡豊東村に疎開。 1952年 溝口健二に憧れ映画監督を志し、日本大学藝術学部演劇科に入学。在学中は詩の同人誌「詩世紀」に参加。その後「個人的な芸術作業」への関心が深まって、映画への意欲が薄れ、1955年に中退する。 1958年 ラジオドラマの懸賞募集に入賞したことをきっかけに放送作家となり、主にNHK中国管区のラジオ、TVドラマ、ドキュメンタリーなどを手掛ける。 1968年 明治百年記念懸賞演劇脚本募集(毎日新聞社主催、松竹後援)に「大内殿闇路」(長谷川敬名義)を応募、最終選考13篇に残り「大劇場用演劇制作の力量を備えている」との選評で小説を書く決心をする。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第12回 泉鏡花文学賞

赤江 瀑の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

狐の剃刀(きつねのかみそり)



徳間書店 2017-01-06
京都を舞台に、魔のときに出会ったひとびとを描く耽美小説連作集。死とエロス、因縁と運命……格調高い文体と、摩訶不思議な作品世界で読者を幻想的深淵へと誘う。妖しく灯る愛と性の燐光! ■収録作品 「夜を籠め

狐の剃刀



徳間書店

赤江瀑名作選 (学研M文庫―幻妖の匣)


東 雅夫 編集 /
学習研究社

罪喰い (P+D BOOKS)



小学館

P+D BOOKS 罪喰い



小学館 2016-08-12
夢幻が彷徨い時空を超える赤江瀑珠玉の6編。週刊誌の告知板に、建築家・秋村黒人が<罪喰い>という死者儀礼についての問合せを出していた。それを見た京都の精神科医・水野は、2

P+D BOOKS 春喪祭



小学館 2017-02-10
奈良・長谷寺を舞台にした“妖かしの世界”。愛する野田涼太郎と初めて結ばれたにも拘わらず、翌日、なぜか吉村深美は姿を消してしまう。一年後、牡丹で知られる奈良・長谷寺の門前

春喪祭 (P+D BOOKS)



小学館

アニマルの謝肉祭 (文春文庫 (285‐2))



文藝春秋 2012-09-20
モード界の新星として活躍のヘアデザイナー、楯林は型破りの手腕とセンスを併せ持ち、精力的に仕事をこなしていた。しかし、彼は華やかな生活の陰で、頭にこびりついて離れない、ふたつの記憶に苦しめられていた。ひ

赤江 瀑の著書を検索する

赤江 瀑の関連ニュース


赤江 瀑のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、赤江 瀑と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「赤江 瀑」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.