赤川 次郎

(アカガワ・ジロウ)
赤川 次郎(あかがわ じろう、1948年2月29日 - )は、日本の小説家。福岡県福岡市博多区出身。血液型はA型。桐朋高等学校卒業。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。「赤川次郎」は本名である。 3歳の頃に手塚治虫の漫画に影響を受け、小学生の時には漫画を描き始めるも挫折。中学時代に『シャーロック・ホームズの冒険』に出会い、3年生の時に見よう見まねで小説を書き始める。当時よく読んでいたジャンルに影響され、中世ヨーロッパの騎士の物語などを書いていた。空想好きの少年であったようで、恋愛も自分が空想していたとおりであったとエッセイに書いている。 父・赤川孝一は他に家庭を持っていたので別居しており、幼少時もほとんど顔を合わせていなかったが、転勤によって東京に引っ越したため、赤川は小学校の担任の薦めにより中高一貫教育の私立桐朋学園を受験することになる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第9回 日本ミステリー文学大賞

赤川 次郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

マリオネットの罠 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
フランス留学から帰国した上田修一は、恩師の紹介でフランス語の家庭教師の口を得る。3カ月間住み込みで報酬は100万円、教える相手は広大な敷地に洋館を構える峯岸家の美人姉妹だ。ある日修一は洋館の地下にある

マリオネットの罠



文藝春秋

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

第九号棟の仲間たち5 真夜中の騎士 〈新装版〉 (徳間文庫)



徳間書店 2017-05-02
悪名高い実業家・添田(そえだ)が、白馬にまたがった黒い鎧の騎士に剣で殺されるという謎の事件が発生。しかも愛人・今日子の目の前で! 次に騎士が現れたのは、あるパーティ会場。製薬会社会長の黒川の心臓を槍(

三毛猫ホームズの卒業論文 「三毛猫ホームズ」シリーズ (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2017-05-25
共同で卒業論文に取り組んでいた淳子と悠一。しかし論文が完成した夜、悠一は何者かに刺されてしまう。二人の書いた論文の題材が原因なのか。事件を追う片山兄妹にも危険が迫り……。人気シリーズ第40弾!

7番街の殺人



新潮社


赤川 次郎の著書を検索する

赤川 次郎の関連ニュース


赤川 次郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、赤川 次郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「赤川 次郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.