赤間 啓之

(アカマ・ヒロユキ)
赤間 啓之(あかま ひろゆき、1958年4月 - )は日本の哲学研究者。東京工業大学社会理工学研究科准教授。専門はジャック・ラカン研究。栃木県出身。 学歴 1985年 東京大学教養学部教養学科卒業 1992年 パリ第1大学パンテオン-ソルボンヌ校Ph.D 職歴 1992年 東京工業大学工学部外国語群講師 1996年 東京工業大学工学部外国語群助教授 1996年 東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻助教授 2008年 同准教授  著作 『ラカンもしくは小説の視線』弘文堂、1988 『ユートピアのラカン』青土社、1994 『監禁からの哲学 フランス革命とイデオローグ』河出書房新社 、1995 『分裂する現実 ヴァーチャル時代の思想』日本放送出版協会、1997 『デッサンする身体』春秋社、2003 学会活動等 2000年 日本記号学会論文誌編集委員 外部リンク 赤間研ホームページ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

赤間 啓之の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

武蔵野美術 NO.104 特集 展示・場・美術館 美術作品の公開   武蔵野美術大学


武蔵野美術大学出版編集室 編集 /
武蔵野美術大学
緑の森の一角獣 旅その1|思考の方法の音楽|吉増剛造 + 若林 奮  特集|展示・場・美術館|美術作品の公開 大美術館の誕生|吉田 城  生きた美術の場を求めて|フランスにおける現代美術展示の100年

デッサンする身体



春秋社

世紀末は世紀末か



早川書房

現代思想 1993年10月号 特集=文字と共同体


池上善彦 編集 /
青土社

武蔵野美術 NO.106 特集 デッサン その意味と拡がり    武蔵野美術大学


武蔵野美術大学出版編集室 編集 /
武蔵野美術大学
緑の森の一角獣 旅その3|硫黄色の台風|吉増剛造 + 若林 奮  特集|デッサン|その意味と拡がり   デッサン|ボードレールの徴のもとに|松浦寿夫  デッサン・イン・ザ・ダーク|パウル・クレー、ある

赤間 啓之の著書を検索する

赤間 啓之の関連ニュース


赤間 啓之のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、赤間 啓之と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「赤間 啓之」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.