赤瀬川 隼

(アカセガワ・シュン)
赤瀬川隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川隼彦、1931年11月5日 - )は、日本の小説家。三重県生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。
住友銀行、外国語教育機関書店などに勤務した後、1983年に『球は転々宇宙間』で吉川英治文学新人賞を受賞しデビュー。『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代3番目に高齢である。一塁手の生還等野球をテーマにした小説が多い。
芸術家の赤瀬川原平は弟。長女は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人川本武ほか『本棚が見たい!2』p.48(ダイヤモンド社、1996年)。
球は転々宇宙間 - 処女作。第4回吉川英治文学新人賞受賞。
潮もかなひぬ
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第113回 直木賞 / 第4回 吉川英治文学新人賞

赤瀬川 隼の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

球は転々宇宙間 (文春文庫 (351‐1))



文藝春秋 2012-09-20
1980年代終わり、日本のプロ野球は3リーグ18チームの時代を迎えていた。原は横浜、江川は浦和、掛布は千葉へとそれぞれにトレードされていく。大都市集中ではない地元密着のチーム、それは日本の真の地方の時

球は転々宇宙間



文藝春秋

白球残映



文藝春秋

白球残映 (文春文庫)



文藝春秋

天紙風筆



新人物往来社


赤瀬川 隼の著書を検索する

赤瀬川 隼の関連ニュース


赤瀬川 隼のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、赤瀬川 隼と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「赤瀬川 隼」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.