阿久 悠

(アク・ユウ)
阿久 悠(あく ゆう(AKU YUU)、1937年2月7日 - 2007年8月1日)は、日本の放送作家、詩人、作詞家、小説家。本名、深田 公之(ふかだ ひろゆき)。淡路島(兵庫県津名郡鮎原村、現:洲本市五色町鮎原)出身。第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。紫綬褒章、旭日小綬章受章。 来歴・人物 阿久悠のペンネームの由来は「悪友」から。また、多夢星人(たむせいじん)の変名も使用した(阿久の小説『グッドバイ―BN童子の青春』の登場人物であるロック歌手の名に由来する)。長男は作曲家の深田太郎で、ゲーム音楽や声優に楽曲提供している。 両親とも宮崎県児湯郡川南町出身。幼少期は兵庫県警巡査であった父親の仕事の都合で、いずれも津名郡内であるが、数年おきに転居を繰り返す。洲本市立都志小学校卒業、五色町立都志中学校、一宮町立江山中学校、五色町立五色丘中学校卒業、兵庫県立洲本高等学校卒業(同級生に京都大学教授の木曾好能、料理研究家の為後喜光等がいる)、明治大学文学部卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

阿久 悠の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

作詞入門 阿久式ヒット・ソングの技法 (サンポウ・ブックス)



産報
序章 だれにでもなれるわけじゃない 第Ⅰ章 歌は世につれというけれど 第Ⅱ章 「この道一筋」はもう古い 第Ⅲ章 ヒットはこうして生まれた 第Ⅳ章 こうすれば詞が書ける 別章 だれに見てもらうか

夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代 (文春文庫)



文藝春秋 2015-07-17
スターが輝いていた黄金の70年代を活写阿久悠が山口百恵、桜田淳子、森昌子の花の中三トリオ、ピンク・レディー、小泉今日子らのスターを次々生み出した黄金の70年代を描く

「企み」の仕事術 [ロング新書]



ロングセラーズ

「企み」の仕事術

¥1922

ロングセラーズ

無冠の父



岩波書店


阿久 悠の著書を検索する

阿久 悠の関連ニュース


阿久 悠のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、阿久 悠と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「阿久 悠」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.