芥川 龍之介

(アクタガワ・リュウノスケ)
芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。 生涯 東京市京橋区入船町8丁目(現中央区明石町)に牛乳製造販売業を営む新原敏三、フクの長男として生まれる。姉が2人いたが、長姉は、龍之介が生まれる1年前に6歳で病死している。 生後7ヵ月後頃に母が精神に異常をきたしたため、東京市本所区小泉町(現在の墨田区両国)にある母の実家の芥川家に預けられ、伯母フキに養育される。11歳の時に母が亡くなり、翌年に叔父芥川道章(フクの実兄)の養子となり芥川姓を名乗ることになった。旧家の士族芥川家は江戸時代、代々徳川家に仕え雑用、茶の湯を担当したお数寄屋坊主の家である。家中が芸術・演芸を愛好し江戸の文人的趣味が残っていた。 なお、龍之介の名前は、彼が辰年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたことに由来すると言われているが、出生時刻については資料がないため不明。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

芥川 龍之介の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

『芥川龍之介全集・378作品⇒1冊』



芥川龍之介全集・出版委員会 2014-11-16
「蜘蛛の糸」「歯車」「羅生門」などの代表作を始め、短編の名手、芥川龍之介の遺した「374作品」に、関連資料4作品をそえて一冊に凝縮した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

蜘蛛の糸 (アイドル・ブックス 15)


須田 寿 イラスト /
ポプラ社

蜘蛛の糸 (日本の童話名作選)


遠山 繁年 イラスト /
偕成社

蜘蛛の糸


クリムゾンテクノロジー株式会社 出版社 /大沼 義明 ナレーション /
クリムゾンテクノロジー株式会社
地獄に落ちていた男は、天から下りてきた細い糸につかまり、はいあがろうとしますが……。 芥川龍之介の名作を原文のままに、読みやすく改編しました。(C)2011 OTOyomu

芥川 龍之介の著書を検索する

芥川 龍之介の関連ニュース


芥川 龍之介のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、芥川 龍之介と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「芥川 龍之介」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.