安藤 美紀夫

(アンドウ・ミキオ)
安藤 美紀夫(あんどう みきお:本名・安藤一郎、1930年1月12日-1990年3月17日)は、日本の児童文学作家・文芸評論家・大学教授。 来歴・人物 京都府出身。京都大学文学部イタリア文学科卒業後、北海道で高校教師を務める傍ら、1957年よりイタリア児童文学の翻訳の刊行を始め、自ら創作を始めて、61年、『白いりす』でデビューし、産経児童文化賞を受賞。1973年、『でんでんむしの競馬』で国際アンデルセン賞作品賞・野間児童文芸賞・日本児童文学者協会賞・赤い鳥文学賞・サンケイ児童出版文化賞受賞。1974年から日本女子大学教授を務めた。 代表作に『ボイヤウンベ物語』(産経児童出版文化賞)、『プチコット村へいく』、『草原のみなし子』、『七人目のいとこ』、など多数の著書のほか、『世界児童文学ノート』などの評論を残した。また、『七人めのいとこ』は1984年1月16日にフジテレビ系列にて「第一生命スペシャル」として、佐久間良子主演でテレビドラマ化された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第14回 日本児童文学者協会賞 / 第11回 野間児童文芸賞

安藤 美紀夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

安藤 美紀夫の著書を検索する

安藤 美紀夫の関連ニュース


安藤 美紀夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、安藤 美紀夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「安藤 美紀夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.