安藤 鶴夫

(アンドウ・ツルオ)
安藤鶴夫(あんどう つるお、1908年(明治41年)11月16日 - 1969年(昭和44年)9月9日)は、小説家(直木賞受賞)。落語、文楽、歌舞伎、新劇の評論家であり演芸プロデューサーでもあった。本名、花島鶴夫。 生涯 東京市浅草区向柳原町(現在の東京都台東区浅草橋)に、義太夫の8代目竹本都太夫の長男として生まれる。1934年(昭和9年)の法政大学文学部仏文科卒業の時に髪を切り、以後、死ぬまでイガグリ頭で通す。子供のころから親しんだ都新聞社へ途中入社したのは1939年(昭和14年)。都新聞は花柳界の広告を載せている文芸演芸の紙面に特色のある新聞であった。当初は調査部に所属しながら演芸面に落語研究会、東宝名人会、文楽の東京興行を批評する記事を書き、翌年に文化部へ移った。1946年(昭和21年)に『苦楽』誌に聞書「落語鑑賞」(8代目桂文楽の噺、10話)を連載して評判となった。社外からの執筆要請が増えたが上層部から問題とされ「真綿で首の、岩藤流のいやがらせをされ」たことから、1947年(昭和22年)9月に退社。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第50回 直木賞

安藤 鶴夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

巷談 本牧亭 (河出文庫)



河出書房新社

巷談 本牧亭 (ちくま文庫)



筑摩書房 2013-12-20
東京・上野の本牧亭は、落語や講談の中心地として、人々に親しまれていた。そこにつどう落語家、講談師、なじみの客たち、そしてあるじ。客席、舞台、そして楽屋うらが一体となっての、ちょっと哀愁をただよわせた人

巷談 本牧亭



角川書店

わたしの寄席 (河出文庫)



河出書房新社

わたしの寄席



雪華社

寄席はるあき (河出文庫)


金子 桂三 写真 /
河出書房新社

わが落語鑑賞 (河出文庫)



河出書房新社


安藤 鶴夫の著書を検索する

安藤 鶴夫の関連ニュース


安藤 鶴夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、安藤 鶴夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「安藤 鶴夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.