青木 玉

(アオキ・タマ)
青木 玉(あおき たま、1929年11月30日 - )は、日本の随筆家である。幸田露伴の孫、幸田文の一人娘。 東京出身。東京女子大学国語科卒業。1994年「小石川の家」で芸術選奨文部大臣賞受賞。 娘の青木奈緒もエッセイスト。 1929年11月30日、父三橋幾之助、母幸田文の一人娘として、東京市芝区伊皿子(現東京都港区)に生まれる。生後八ヶ月で腸重積で手術を受けるなど、幼少の頃は病気がちであった。 1936年、永田町小学校(現麹町小学校)入学。この年、築地で会員制小売り酒屋を開店。三橋本店が倒産。 1937年、京橋に引っ越して小売り酒屋を開く。このとき既に幾之助は結核にかかっており、実際には文が店を切り回していた。翌年、幾之助は肺壊疽のため手術を受け回復するも、文と玉は幸田露伴の家に戻り、協議離婚した。 1943年、三輪田高等女学校入学。 1944年、立川飛行機製作所に動員される。 1945年、露伴、文とともに露伴の再婚相手であった八代(やよ)の別居先の長野県に疎開。その後、露伴を伊東に移し、文と玉は土橋利彦宅へ一時留まったのち、千葉県市川市菅野に家を借りて移り住んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

青木 玉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

小石川の家 (講談社文庫)



講談社 2013-11-29
昭和13年幸田文は離婚し、娘の玉を連れ青々と椋(むく)の枝がはる露伴の小石川の家に戻った。万事に愚かさを嫌う祖父の小言の嵐は9つの孫にも容赦なかった。祖父の手前蹴とばしても書初めを教える母。「2度はご

幸田文しつけ帖


青木 玉 編集 /
平凡社

小石川の家 (講談社文庫)


森 まゆみ 解説 /
講談社

小石川の家



講談社

幸田文 季節の手帖


青木 玉 編集 /
平凡社

幸田文 台所帖


青木 玉 編集 /
平凡社
幸田文の台所帖、台所が教室だった。ささやかな煮炊きの繰り返しが、こころをみがいてくれる。

幸田文 きもの帖


青木 玉 編集 /
平凡社

着物あとさき



新潮社

着物あとさき (新潮文庫)



新潮社 2008-12-20


青木 玉の著書を検索する

青木 玉の関連ニュース


青木 玉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、青木 玉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「青木 玉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.