青山 七恵

(アオヤマ・ナナエ)
青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家。埼玉県大里郡妻沼町(現・熊谷市)出身。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。 経歴・人物 埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。1998年4月、埼玉県立熊谷女子高等学校に入学。高校の時に、フランソワーズ・サガン『悲しみよこんにちは』を読み、小説を書きはじめるきっかけとなった。2001年3月、同校卒業。同年4月、図書館情報大学図書館情報学部図書館情報学科に入学。2005年3月、筑波大学図書館情報専門学群卒業。東京都新宿区の旅行会社に入社。 同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11か月)。2009年、短編「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第136回 芥川賞

青山 七恵の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

アンデル 2017年4月号



中央公論新社 2017-04-05
<連載長編小説>■畑野智美「大人になったら、」(第7回)■前田司郎「異常探偵 宇宙船」(第16回)<連作短編小説>■青山七恵「ジャスミン」(第12話)

ひとり日和 (河出文庫)



河出書房新社

ひとり日和 (河出文庫)



河出書房新社 2014-05-30
世界に外も中もないのよ。この世は一つしかないでしょ─二〇歳の知寿が居候することになったのは、二匹の猫が住む、七一歳・吟子さんの家。駅のホームが見える小さな平屋で共同生活を始めた知寿は、キオスクで働き、

ひとり日和



河出書房新社

わたし、お月さま


青山 七恵 その他 /刀根 里衣 その他 /
NHK出版 2016-11-10
青山七恵と刀根里衣、同時代を生きるふたりの女性作家が織りなすファンタジーの世界ひとりぼっちでさびしがりやのお月さま。むかし自分を訪ねてきたこ

わたし、お月さま



NHK出版

風 (河出文庫)



河出書房新社

風 (河出文庫)



河出書房新社 2017-04-28
姉妹が奏でる究極の愛憎、十五年来の友人が育んだ友情の果て、決して踊らない優子、そして旅行を終えて帰ってくると、わたしの家は消えていた……疾走する「生」が紡ぎ出す、とても特別な「関係」の物語。

アンデル 2017年5月号



中央公論新社 2017-05-01
一挙に3作品が最終回を迎えました。ラストの余韻をお楽しみください。<連載長編小説>■畑野智美「大人になったら、」(最終回)■前田司郎「異常探偵 宇宙船」(最終話)

やさしいため息 (河出文庫)



河出書房新社


青山 七恵の著書を検索する

青山 七恵の関連ニュース


青山 七恵のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、青山 七恵と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「青山 七恵」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.