新井 素子

(アライ・モトコ)
新井 素子(あらい もとこ、1960年8月8日 - )は、日本の女性小説家である。ライトノベル作家の草分け的存在として知られている(久美沙織による解説(外部リンク[1]を参照)。夫は、書評や文庫解説などを手がけている手嶋政明。日本SF作家クラブ元会長。日本推理作家協会会員。 東京都練馬区生まれ。両祖父、両親が共に講談社に勤めており、実家には常に大量の本があったため、幼い頃から多くの本に接して育った。 1977年、東京都立井草高等学校2年生のときに、第一回奇想天外SF新人賞に応募した『あたしの中の……』が佳作入選。審査員の星新一が絶賛し最優秀作に推したが、小松左京や筒井康隆らが目新しい文体に違和感を覚え反対したため佳作となった。星は入選決定後に、新井素子の父が東京大学農学部での同級生だったことを知った。また、新井も星のファンであり、初めて読んだSFが星の『妖精配給会社』(星の著書「未来いそっぷ」の解説文も書いている)。 高校2年という若さでの受賞及びデビューは文学界にも衝撃を与え、『ふぁんろーど』 の特集などで「SF界のプリンセス」と称された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

新井 素子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新井 素子の著書を検索する

新井 素子の関連ニュース


新井 素子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、新井 素子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「新井 素子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.