荒俣 宏

(アラマタ・ヒロシ)
荒俣 宏(あらまた ひろし、1947年7月12日 - )は、日本の博物学者、図像学研究家、小説家、収集家、神秘学者、妖怪評論家、翻訳家、タレント。玉川大学客員教授、武蔵野美術大学造形学部客員教授、サイバー大学客員教授、日本SF作家クラブ会員、世界妖怪協会会員。翻訳家としての筆名に団 精二(だん せいじ)を用いていた。また、雑誌『BOOKMAN』における筆名に本野 虫太郎を用いていた。 日本大学藝術学部芸術研究所教授などを歴任した。 東京都出身。中学生にして平井呈一に弟子入りし、のちに紀田順一郎に師事した。幻想小説や怪奇小説に魅かれ、野村芳夫と同人誌を発行するとともに、鏡明と国外作品の翻訳に取り組み、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトやロバート・E・ハワードらの作品を手掛けた。「英雄コナン」シリーズの翻訳を通じて、日本に初めてヒロイック・ファンタジーを紹介したことでも知られている。翻訳の過程で生み出された「魔道」や「魔道士」といった訳語は、のちに日本の幻想小説においても広く用いられるようになった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

荒俣 宏の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

荒俣 宏の著書を検索する

荒俣 宏の関連ニュース


荒俣 宏のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、荒俣 宏と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「荒俣 宏」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.