有島 武郎

(アリシマ・タケオ)
有島 武郎(ありしま たけお、1878年(明治11年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日)は、日本の小説家。 学習院中等科卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。1903年(明治36年)渡米。ハバフォード大学大学院、その後、ハーバード大学で歴史・経済学を学ぶ。ハーバード大学は1年足らずで退学する。帰国後、志賀直哉や武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加する。1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。 代表作に『カインの末裔』『或る女』や、評論『惜みなく愛は奪ふ』がある。 東京小石川(現・文京区)に旧薩摩藩郷士で大蔵官僚・実業家の有島武の長男として生まれる。母は幸子。祖父・宇兵衛も同じく郷士であった。武郎4歳の時、父の横浜税関長就任を機に一家で横浜に移る。父の教育方針により米国人家庭で生活。その後、横浜英和学校(現横浜英和学院)に通う。このころの体験が後に童話『一房の葡萄』を生むことになる。 10歳で学習院予備科に入学し、寄宿生として過ごし、19歳で学習院中等全科を卒業する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

有島 武郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

或る女 (中公文庫)



中央公論社

或る女 (角川文庫)



角川書店

或る女 (新潮文庫)



新潮社

或る女 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-10-15
近代日本文学中大正期の最高傑作。国木田独歩の恋人をモデルとしている点が問題になった。恋愛、家族制度、女の経済的独立等の問題をめぐって、封建的なものの強く残存している社会に自我の解放を求める女性の悲劇的

百年小説



ポプラ社

小さき者へ・生れ出づる悩み



新潮社 2013-07-01
妻を失い、新しく芸術に生きようとする作家の覚悟と、残された小さき者たちに歴史の未来をたくそうとする父性愛にあふれたある夜の感想を綴る『小さき者へ』。“君”という語りかけで、すぐれた画才をもちながらも貧

有島 武郎の著書を検索する

有島 武郎の関連ニュース


有島 武郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、有島 武郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「有島 武郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.