有吉 玉青

(アリヨシ・タマオ)
有吉 玉青(ありよし たまお、1963年11月16日 - )は、日本の随筆家、小説家。本名は清水 玉青。大阪芸術大学文芸学科教授。 東京都生まれ。父は興行師だった神彰、母は作家の有吉佐和子。命名は廖承志による。誕生直後に両親が離婚し、母の下で育つ。光塩女子学院初等科、同中等科、東京都立富士高等学校卒業。 早稲田大学第一文学部哲学科に入学し、1984年、3年次の夏休みに英国へ短期留学中に、母の急逝に遭う。早稲田大学卒業後、東京大学文学部美学藝術学科に学士入学。卒業後、大学院へ進む。その後結婚、海外赴任した夫とともに渡米し、一時期ニューヨークなどに滞在した。1992年にニューヨーク大学大学院演劇学科修了。 東大大学院在学中の1989年に、母との思い出などを綴った書き下ろし「身がわり - 母・有吉佐和子との日日(にちにち)」を刊行。その後、随筆、小説などで活動する。 受賞歴 1989年 『身がわり-母・有吉佐和子との日日(にちにち)』で第5回坪田譲治文学賞  著書 『身がわり 母・有吉佐和子との日日』新潮社、1989 のち文庫 『ニューヨーク空間』新潮社、1993 のち文庫 『黄色いリボン』幻冬舎、1994 のち文庫 『レストルームで紅をぬれ』幻冬舎、1996「鏡の中の劇場」と改題、増補して文庫 『私はまだまだお尻が青い』大和書房、1996 『あこがれのため息』幻冬舎、1998 『お茶席の冒険』講談社、1998 のち光文社知恵の森文庫 『ねむい幸福』幻冬舎、2000 のち光文社文庫 『キャベツの新生活』講談社、2000 のち文庫 『がんばらなくても大丈夫』PHP研究所、2004 のち文庫 『車掌さんの恋』講談社、2004 のち文庫(ISBN 4-06-212597-8) 『雛を包む』平凡社、2006(ISBN 4-582-83314-4) 『月とシャンパン』光文社、2006 のち文庫  『世界は単純なものに違いない』平凡社、2006(ISBN 4-582-83341-1) 『ティッシュペーパー・ボーイ』新潮社、2007「渋谷の神様」文庫  『恋するフェルメール 36作品への旅』白水社 2007 『風の牧場』講談社 2008 のち文庫  『ぼくたちはきっとすごい大人になる』光文社 2009 のち文庫  『カムフラージュ』角川書店、2010 のち小学館文庫  『三度目のフェルメール 舞台に映画に絵画に想う』小学館、2010 「はじまりは「マイ・フェア・レディ」」文庫  『美しき一日の終わり』講談社、2012  『南下せよと彼女は言う 旅先の七つの物語』小学館 2012 『ソボちゃん いちばん好きな人のこと』平凡社、2014  翻訳 最後のひと葉 オー・ヘンリー 米倉斉加年絵 偕成社 1992.11 脚注 出典 。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

有吉 玉青の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

お茶席の冒険



講談社

お茶席の冒険 (光文社知恵の森文庫)



光文社 2014-01-24
「自分の中の奥底にある何かが微妙に振れた、そんな不思議に心地よい感覚。……たぶんそれがおもしろくて、私はお茶を続けているのだと思う」(「はじめに」より)。静寂の中、湯の沸く釜の音に耳を傾け、季節の花を

ぼくたちはきっとすごい大人になる (光文社文庫)



光文社 2014-01-24
大きらいな幼なじみに、なぜだかときめくカンナ。教室で浮いた存在の不良にあこがれる和馬(かずま)。親友の家庭事情を知った千里(ちさと)。音楽教師に心を寄せる哲平(てっぺい)。母の愛人に恋する愛(アモ)。

美しき一日の終わり (講談社文庫)



講談社 2015-06-12
母親を亡くした8歳の秋雨が美妙の家に引き取られたのは、彼女が15歳の時だった。辛くあたる母から秋雨を庇ううちに姉弟という間柄を超えていくようであったが、その思いをずっと胸に秘めたまま、出会いから五十五

有吉 玉青の著書を検索する

有吉 玉青の関連ニュース


有吉 玉青のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、有吉 玉青と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「有吉 玉青」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.