浅田 次郎

(アサダ・ジロウ)
浅田 次郎(あさだ じろう、1951年(昭和26年)12月13日 - 、本名非公開)は、日本の小説家。血液型はA型。日本ペンクラブ会長。 陸上自衛隊に入隊、除隊後はアパレル業界など様々な職につきながら投稿生活を続け、1991年、『とられてたまるか!』でデビュー。悪漢小説作品を経て、『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員』で直木賞を受賞。時代小説の他に『蒼穹の昴』、『中原の虹』などの清朝末期の歴史小説も含め、映画化、テレビ化された作品も多い。 2011年日本ペンクラブ会長。2013年現在、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞選考委員。 9歳まで東京都中野区鍋屋横丁(旧・上町)で育ち、以後、都内を転々とすること18回。エッセイやメディアなどでは神田出身とも述べている。母の実家は奥多摩の御岳山(みたけさん)の宮司を務めていた。家業はカメラ屋だった。生家は神田で喫茶店を営んでいた(バブル期に閉店)。戦後のどさくさにまぎれて闇市で父が一旗上げて成金になり、父の見栄で杉並区の私立のミッションスクールに運転手付きの外車で通い(電車通学もした)、メイドがいる裕福な家庭で育った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第117回 直木賞 / 第13回 柴田錬三郎賞 / 第42回 吉川英治文学賞 / 第16回 吉川英治文学新人賞

浅田 次郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

文藝春秋2017年6月号[雑誌]



文藝春秋 2017-05-10
月刊「文藝春秋」6月号 おもな記事【大特集】人口減少はこわくない◎江戸時代の日本に戻れ(細川護熙)◎ルポ 子どもが増えた地方の秘密 ◎座談会

文藝春秋2017年5月号[雑誌]



文藝春秋 2017-04-10
月刊「文藝春秋」5月号 おもな記事【特別対談】佐藤愛子×又吉直樹「人生には貧乏が必要だ」【独占手記】小池百合子 「石原慎太郎の嘘、豊洲移転の判断」

天子蒙塵 第一巻 蒼穹の昴



講談社 2016-10-26
1924年、クーデターにより紫禁城を追われた溥儀とその家族。生家に逃げ込むもさらなる危険が迫り皇帝は極秘に脱出する。ラストエンペラーの立場を利用しようとさまざまな思惑が渦巻くなか、日本の庇護下におかれ

天子蒙塵 第一巻



講談社

天子蒙塵 第二巻 蒼穹の昴



講談社 2016-12-06
張作霖爆殺事件から3年、息子・張学良は無抵抗将軍となり清朝最後の皇帝・溥儀は玉座を追われたなか、満洲の猛獣と化した関東軍に一人反抗を続ける男・馬占山。馬は同じ張作霖側近の張景恵から説得を受け一度は日本

天子蒙塵 第二巻



講談社

壬生義士伝(上)



文藝春秋 2012-09-20
小雪が舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、傷だらけの侍がたどり着いた。貧しさゆえ南部藩を脱藩し、壬生浪(みぶろ)と蔑称された新選組の隊士になった、吉村貫一郎であった。その剣の冴えは“人斬り貫一”と

壬生義士伝〈上〉



文藝春秋
「死にたぐはねぇから、人を斬るのす」壬生浪と呼ばれた新選組にあって、ただ一人庶民の心を失わなかった吉村貫一郎の非業の生涯

壬生義士伝(下)



文藝春秋 2012-09-20
南部藩を脱藩し、新選組隊士となった吉村貫一郎は鳥羽伏見の戦いで敗れ、切腹して果てた。その子、嘉一郎も脱藩者という父の汚名を雪ぐべく戊辰の役に参戦するが、南部藩は降伏。嘉一郎は、箱館へと走る。五稜郭に霧

浅田 次郎の著書を検索する

浅田 次郎の関連ニュース


浅田 次郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、浅田 次郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「浅田 次郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.