阿佐田 哲也

(アサダ・テツヤ)
『色川武大』より : 色川 武大(いろかわ たけひろ、1929年3月28日 - 1989年4月10日)は、日本の小説家、エッセイスト、雀士。筆名として色川 武大(いろかわ ぶだい)、阿佐田 哲也(あさだ てつや)、井上 志摩夫(いのうえ しまお)、雀風子を名乗った。阿佐田哲也名義では麻雀小説作家として知られる。 東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)矢来町生まれ。祖父の色川圀士は文部官僚。分家筋に衆院議員の色川三郎兵衛がいる。 父親は40代の若さで退役した海軍大佐であった。武大は、父が44歳のときに初めて生まれた長男であった。父は何も仕事をせず、常に自宅におり、家族は軍人恩給で生活していた。また、父は子どもをしかる時は鞭をつかい、98歳の長命を保った。この父親との関係は、色川文学の大きなテーマの一つとなっている。色川が小学校入学の年に弟が生まれる。 学校生活になじめず、小学生時代から、学校をサボって浅草興行街に出入りし、映画や寄席、喜劇などに熱中する。あまりに学校をサボるので塾に通わされたが、そこもまたサボって寄席に通っていた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

阿佐田 哲也の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

麻雀放浪記(一) 青春編<麻雀放浪記> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-07-17
終戦後まもない昭和二十年十月、東京。坊や哲(哲也)の物語はここから始まる――。職にあぶれ街をさまよう哲は、麻雀の主のような男出目徳に出会い、徐々に技(イカサマ)を駆使した高レートの麻雀に惹かれていく。

麻雀放浪記(一) 青春編 (角川文庫)



KADOKAWA
麻雀放浪記(一) 青春編 (角川文庫) [Sep 01, 1979] 阿佐田 哲也

麻雀放浪記(二) 風雲編<麻雀放浪記> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-07-17
出目徳・ドサ健たちとの死闘を乗り越えた坊や哲だったが、その後、師匠の出目徳同様ヒロポン(薬物)中毒になってしまう。クスリのためにケチな博打で小銭を稼ぎ、禁断症状の怖さと自己嫌悪でさらにクスリを求める最

麻雀放浪記(二) 風雲編 (角川文庫 緑 459-52)



KADOKAWA
角川文庫 緑 459-52 阿佐田 哲也著

先天性極楽伝 (講談社文庫)



講談社 2014-11-07
究極の悪の道をめざす、痛快ユーモア長編。競馬のノミ屋を生業とし、同級生のカン子と結婚した小学生ハルこと春巻信一の新婚旅行先はネリカンだった。五年後、悪の教室・ガーピー塾を巣立ったハルは、プクプク爺さん

阿佐田 哲也の著書を検索する

阿佐田 哲也の関連ニュース


阿佐田 哲也のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、阿佐田 哲也と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「阿佐田 哲也」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.