浅暮 三文

(アサグレ・ミツフミ)
浅暮 三文(あさぐれ みつふみ、1959年3月21日 - )は日本の作家、推理作家、SF作家。兵庫県西宮市生まれ。ペンネームは「早起きは三文の徳」から。 関西大学経済学部(国際金融論専攻)卒業後、コピーライターを経て、森下一仁の小説教室で学び、メタフィクション的な異世界ファンタジー『ダブ(エ)ストン街道』でメフィスト賞を受賞してデビュー。 以降はミステリ系の小説を主に執筆。2003年『石の中の蜘蛛』で、第56回日本推理作家協会賞を受賞。奇想小説を愛しているため、授賞式の挨拶では「これからも、バーセルミやスラデックのような小説を書いていきたいと思います」と語り、審査員たちを唖然とさせた。なお、その挨拶にも登場した奇想作家ジョン・スラデックについて「体育会系作家である」という奇説を唱えている。 『カニスの血を嗣ぐ』で「嗅覚」、『左眼を忘れた男』で「視覚」、『石の中の蜘蛛』で「聴覚」、『針』で「皮膚感覚」、『錆びたブルー』では「第六感覚」、『ポルトガルの四月』では「味覚」と、「五感」をテーマにした奇想小説を連続して刊行している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第8回 メフィスト賞

浅暮 三文の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

セブン opus2~古い街の密かな死~ (光文社文庫)



光文社 2017-03-24
上野公園の不忍池から、子供の手首が発見された。唯一の手がかりは人差し指付け根に残る骨折の痕。M署の刑事・如月七と相棒の土橋は、被害者がシングルマザーに育てられていた少年であることを突きとめる。さらに消

NOVA 3---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)


大森 望 編集 /
河出書房新社

午前零時



新潮社


浅暮 三文の著書を検索する

浅暮 三文の関連ニュース


浅暮 三文のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、浅暮 三文と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「浅暮 三文」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.