朝井 まかて

(アサイ・マカテ)
朝井 まかて(あさい まかて、1959年 - )は、日本の小説家。女性。大阪府羽曳野市生まれ。甲南女子大学文学部国文学科卒業。ペンネームは祖母の新里マカテの名に由来する。 広告制作会社でコピーライターとして勤務した後に独立。2006年より大阪文学学校で学ぶ。2008年、『実さえ花さえ』(応募時のタイトルは「実さえ花さえ、その葉さえ」)で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞し小説家デビューする。 2013年、歌人・中島歌子の生涯を描いた『恋歌(れんか)』(講談社)で、本屋が選ぶ時代小説大賞2013を受賞。2014年、同作で第150回直木三十五賞を受賞。同年、井原西鶴を主人公とした『阿蘭陀西鶴』(講談社)で第31回織田作之助賞受賞。 作品リスト 『実さえ花さえ』(2008年10月 講談社) 【改題】『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』(2011年 講談社文庫) 『ちゃんちゃら』(2010年9月 講談社 / 2012年 講談社文庫) 『すかたん』(2012年1月 講談社 / 2014年 講談社文庫) 『先生のお庭番』(2012年8月 徳間書店 / 2014年6月 徳間文庫) 『ぬけまいる』(2012年10月 講談社)  『恋歌』(2013年8月 講談社)のち文庫 『阿蘭陀西鶴』(2014年9月 講談社) 『御松茸(おまったけ)騒動』徳間書店 2014  『藪医ふらここ堂』講談社 2015 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第150回 直木賞

朝井 まかての著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

銀の猫 (文春e-book)



文藝春秋 2017-02-17
直木賞作家が描く、江戸の老人介護美しく奔放な母を養いながら、江戸で老人介護を生業として暮らすお咲。逝く人に教わる多くの真実が深く身にしみる時代長編江戸の介護事情を通

銀の猫



文藝春秋

決戦!忠臣蔵



講談社

決戦!忠臣蔵



講談社 2017-04-28
夢枕獏が、山本一力が、諸田玲子が……「忠臣蔵」を描く! いままで戦国時代を舞台にすることが多かった「決戦!」シリーズだが、今回の舞台は江戸は元禄、テーマは「忠臣蔵」。当代きっての名手・七人が、日本人が

恋歌 (講談社文庫)



講談社 2015-10-15

恋歌



講談社

恋歌 (講談社文庫)



講談社 2015-11-13
樋口一葉の師・中島歌子は、知られざる過去を抱えていた。幕末の江戸で商家の娘として育った歌子は、一途な恋を成就させ水戸の藩士に嫁ぐ。しかし、夫は尊王攘夷の急先鋒・天狗党の志士。やがて内乱が勃発すると、歌

恋歌


Audible Studios 出版社 /中村 夏緒 ナレーション /
Audible Studios
樋口一葉の師・中島歌子は、知られざる過去を抱えていた。幕末の江戸で商家の娘として育った歌子は、一途な恋を成就させ水戸の藩士に嫁ぐ。しかし、夫は尊王攘夷の急先鋒・天狗党の志士。やがて内乱が勃発すると、歌



新潮社



新潮社 2016-09-02
あたしはただ、絵を描いていたいだけ。愚かな夫への軽蔑、兄弟子への叶わぬ恋、北斎の名を利用し悪事を重ねる甥――人生にまつわる面倒も、ひとたび絵筆を握ればすべて消え去る。北斎に「美人画では敵わない」と言わ

朝井 まかての著書を検索する

朝井 まかての関連ニュース


朝井 まかてのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、朝井 まかてと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「朝井 まかて」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.