飛鳥部 勝則

(アスカベ・カツノリ)
飛鳥部 勝則 (あすかべ かつのり、本名:阿部 勝則(あべ かつのり)、1964年10月18日 - )は日本の小説家、推理作家、洋画家。新潟県南魚沼郡塩沢町生まれ。新潟県立六日町高等学校、新潟大学教育学部卒業。新潟大学大学院教育学研究科修了。 県立高校の美術教師として働くかたわら、洋画家として独立展、西脇市サムホール大賞展、県展、県芸展などに入選する。1998年、『殉教カテリナ車輪』で第9回鮎川哲也賞を受賞し、作家デビュー。同作は「このミステリーがすごい!」で第12位、「本格ミステリ・ベスト10」で第3位と高く評価される。2002年、銀座にある画廊宮坂で個展を開く。2005年、『誰のための綾織』に三原順の漫画『はみだしっ子』に類似した表現があると読者から指摘があり、絶版・回収となった。 作風 デビュー作『殉教カテリナ車輪』で、絵画図版を用い、図像学を本格的に推理小説に導入。その後『バベル消滅』や『ヴェロニカの鍵』などの本格物を発表し、『レオナルドの沈黙』は名探偵物。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

飛鳥部 勝則の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

殉教カテリナ車輪



東京創元社

砂漠の薔薇 (光文社文庫)



光文社 2015-10-30
荒れ果てた洋館で、学校の女王・竹中真利子が首なし死体で発見された! 同級生の奥本美奈は、死体を発見した画家・明石尚子と、事件の闇の部分へと踏み込んでゆく。洋館に越してきたイカれた彫刻家、自称刑事の謎め

教室―異形コレクション (光文社文庫)


井上 雅彦 監修 /
光文社

冬のスフィンクス (光文社文庫)



光文社 2015-10-30
楯経介(たてけいすけ)には不思議な能力があった。眠りに就(つ)く前に絵を見ると、夢でその世界に入り込めるのだ。彫刻家、洲ノ木正吾(すのきしょうご)の作品世界に彷徨(さまよ)いこんだ楯を待っていたのは、

飛鳥部 勝則の著書を検索する

飛鳥部 勝則の関連ニュース


飛鳥部 勝則のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、飛鳥部 勝則と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「飛鳥部 勝則」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.