綾辻 行人

(アヤツジ・ユキト)
綾辻 行人(あやつじ ゆきと、1960年12月23日 - )は、日本の小説家。本名は内田 直行(うちだ なおゆき)。京都府京都市出身の男性。「館シリーズ」などの代表作により、新本格派ミステリー作家として知られる。 本格ミステリ作家クラブ執行会議。日本推理作家協会会員。元本格ミステリ作家クラブ事務局長。 小学校6年生の夏休みに初期習作の『少年探偵団』的な短編推理小説を10篇書く。 1979年 京都府立桂高等学校を卒業後、京都大学教育学部に入学。京大推理小説研究会に所属し、同期に、後に結婚する小野不由美や、作家となる我孫子武丸や法月綸太郎も所属していた。 大学4年生の冬に江戸川乱歩賞に、後の『十角館の殺人』の原型の作品で応募し、第1次選考に残る。 1982年 同大学大学院教育学研究科に進学、逸脱行動論を専攻する。 1986年 小野不由美と結婚する。 1987年 在学中に『十角館の殺人』で作家デビューする。講談社ノベルス編集部が「新本格派ミステリー」と名付ける。注目を集めたが、批評家や賞選考委員の作家などからは理解されず叩かれる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

綾辻 行人の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

十角館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)



講談社 2013-04-19
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

迷路館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)



講談社 2014-06-27
奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた4人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった! 周到な企みと徹底的な遊び心でミステ

綾辻 行人の著書を検索する

綾辻 行人の関連ニュース


綾辻 行人のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、綾辻 行人と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「綾辻 行人」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.