鮎川 哲也

(アユカワ・テツヤ)
鮎川 哲也(あゆかわ てつや、1919年2月14日 - 2002年9月24日)は、日本の小説家。本名、中川 透(なかがわとおる)。東京府に生まれ、大連に育つ。拓殖大学商学部卒。 アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』『人それを情死と呼ぶ』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表。ほか『りら荘事件』『死者を笞打て』などの長編小説や多数の短編小説、さらにはアンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。 1919年2月14日、東京府巣鴨に生まれた。父が南満州鉄道地質調査所の測量技師となったため、小学3年生のときに一家で満州大連に移り住み、旧制中学を卒業するまでここで過ごした。東京の音楽関係の上級学校に進学するが、肋膜炎を患い退学し満州に戻る。1938年、拓殖大学予科に入り、商学部に進むが、病のため満州に戻ることが多かった。この間に推理小説を読み始め、クロフツの『ポンスン事件』に影響され、『ペトロフ事件』を書きあげたが、原稿は引き上げの際に紛失してしまった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

鮎川 哲也の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

準急ながら 鬼貫警部事件簿 (光文社文庫)



光文社 2014-08-29
はたして、奇怪な殺人事件を解く鍵はどこにあるのか? 雪深き北海道・月寒で瀕死の怪我人を助けた海里昭子。その美談が十数年後、新聞に採り上げられた。一方、愛知県・犬山で、経営不振にあった土産物屋店主が何者

黒い白鳥~鬼貫警部事件簿/鮎川哲也コレクション~ 鬼貫警部事件簿17 (光文社文庫)



光文社 2014-02-28
久喜(くき)駅手前の線路沿いで屍体が見つかった。身許は東和(とうわ)紡績の社長、死因は銃殺と判明。疑いの目は、経営側と対立する労働組合や、金で繋(つな)がる新興宗教に向けられるが、捜査は難航する。そん

黒い白鳥 (創元推理文庫)



東京創元社

黒いトランク 鬼貫警部シリーズ (創元推理文庫)



東京創元社 2013-04-19
汐留駅でトランク詰めの男の腐乱死体が発見され、荷物の送り主が溺死体となって見つかり、事件は呆気なく解決したかに思われた。だが、かつて思いを寄せた人からの依頼で九州へ駆けつけた鬼貫の前に青ずくめの男が出

リラ荘殺人事件 (角川文庫)



KADOKAWA/角川書店 2015-06-20

リラ荘殺人事件 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2015-06-20
リラ荘を七人の芸大生が訪れた翌日から、殺人鬼の活動は始まった。老人が殺され、死体の横には学生のコートと、スペードのAが。それを機に別荘で次々と起こる殺人、凶悪無残な殺人鬼の正体とは?

鮎川 哲也の著書を検索する

鮎川 哲也の関連ニュース


鮎川 哲也のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、鮎川 哲也と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「鮎川 哲也」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.