馬場 あき子

(ババ・アキコ)
馬場 あき子(ばば あきこ、1928年(昭和3年)1月28日 - )は、東京都出身の歌人、文芸評論家。短歌結社「かりん」主宰。日本芸術院会員。朝日歌壇選者。古典や能に対する造詣が深く、喜多実に入門、新作能の制作も行っている。また、『鬼の研究』など民俗学にも深い知識を持つ。本名:岩田暁子(いわた あきこ)。 日本女子専門学校(現・昭和女子大学)国文科卒業。夫は歌人の岩田正。門下には梅内美華子、坂井修一、米川千嘉子、今野寿美、日高堯子、松村由利子、日置俊次など。 1947年(昭和22年)- 「まひる野」に入会し、窪田章一郎に師事。 1948年(昭和23年)- この年より、東京都の中学・高校の教師を務める。 1955年(昭和30年)- 処女歌集『早笛』を刊行。古典、とりわけ能への造詣が深く独特な歌風を拓き、以後『地下にともる灯』『無限花序』『飛花抄』を刊行。 1959年(昭和34年)- 同年より翌年にかけて、教職員組合の婦人部長として、安保闘争のデモ等に参加。岸上大作らとの関わりを持つ。 1977年(昭和52年)- 『桜花伝承』で第2回現代短歌女流賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

馬場 あき子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

鬼の研究



三一書房

鬼の研究



角川文庫

ゆふがほの家―歌集



不識書院

閑吟集を読む



彌生書房

角川短歌ライブラリー 決定版 短歌入門


秋葉 四郎 監修 /岡井 隆 監修 /佐佐木 幸綱 監修 /馬場 あき子 監修 /『短歌』編集部 編集 /
角川学芸出版

決定版 短歌入門<角川短歌ライブラリー>



KADOKAWA / 角川学芸出版 2013-02-14
現歌壇において人気、実力ともに第一線にいる歌人が一堂に揃い、短歌の基本、作歌法、鑑賞法、短歌独自の用語などをわかりやすく解説。短歌の魅力から、作歌の基本、表現法など、多彩な例歌ですぐにマスター。

馬場 あき子の著書を検索する

馬場 あき子の関連ニュース


馬場 あき子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、馬場 あき子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「馬場 あき子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.