大弐三位

(ダイニノサンミ)
大弐三位(だいにのさんみ、長保元年(999年)頃? -永保二年(1082年)頃?)は、平安時代 平安中期の女流歌人。藤原宣孝の女、母は紫式部。本名は藤原賢子(ふじわら の かたいこ・けんし)。藤三位(とうのさんみ)、越後弁(えちごのべん)、弁乳母(べんのめのと)とも呼ばれる。
長保三年(1001年)3歳ごろ父と死別。長和六年(1017年)18歳ごろ、母の後を継ぎ一条天皇 一条院の女院藤原彰子 彰子(上東門院)に女房として出仕。当時は祖父の任国の越後国と官名をとって越後弁と呼ばれた。この間、藤原頼宗、藤原定頼、源朝任らと交際があったことが知られている。その後、関白藤原道兼の次男藤原兼隆 兼隆と結婚、一女をもうけた。万寿二年(1025年)、親仁親王(後冷泉天皇)の誕生に伴い、その乳母に任ぜられた。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大弐三位の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大弐三位の著書を検索する

大弐三位の関連ニュース


大弐三位のウェブ検索結果

  • 大弐三位 - Wikipedia
    大弐三位(だいにのさんみ、長保元年(999年)頃? -永保2年(1082年)頃?)は、平安中期の女流歌人。藤原宣孝の女、母は紫式部。本名は藤原賢子(ふじわら の かたいこ/けんし)。藤三位(とうのさんみ)、越後弁(えちごのべん)、弁乳母(べん ...(8月20日 22時06分)
  • 大弐三位 千人万首
    大弐三位 だいにのさんみ 生没年未詳(999頃-1082頃) 別称:越後弁・越後弁乳母・藤三位 藤原宣孝の娘。母は紫式部。名は賢子(かたこ?)。 長保元年(999)頃の出生と推定される。若くして上東門院彰子に仕える。(8月23日 21時23分)
  • 大弐三位
    いにしえの女性の生き方を探る ... 父は藤原宣孝で母は紫式部です。本名は賢子と書かれていますが読み方はわかりません。(よしこ?かたこ?(8月17日 16時48分)
  • Daini-Sanmi
    この歌といえば、宝塚女優の「有馬稲子」の名前の元となったことで有名である。 宝塚では、「天津乙女」も有名であるが、そのほかにも多くの女優が百人一首にちなんだ 芸名をつけている。 最近は芸名のつけかたもいろいろのようだが、少女歌劇と ...(7月13日 9時38分)
  • 小倉 百人一首について
    口語訳 有馬山のそばの猪名の笹原に風が吹くと、笹の葉がそよそよと鳴りま す。その音のように、そうですよ、どうしてあなたを忘れたりするも のですか。(8月21日 18時52分)
  • 大弐三位 999(長保1)‐?
    大弐三位 999(長保1)‐? だいにのさんみ 平安中期の女流歌人。父は山城守藤原宣孝,母は紫式部。本名賢子。一条帝の中宮彰子(上東門院)に仕え,初め藤原兼隆妻,のちに大弐高階成章妻。のちの後冷泉帝の乳母となり,殊遇をうけて従三位典侍と ...(8月16日 21時28分)
  • 大弐三位藤原賢子について
    紫式部の娘・藤原賢子(大弐三位)についてご紹介。 ... 平安中期の女官。歌人。歌集『大弐三位集』を遺す。 生年は、999年(長保元年)または1000年(長保2年)。(8月24日 8時38分)
  • 大弐三位
    大弐三位の著書から人気の作品を紹介しています。 ... 大弐三位(だいにのさんみ、長保元年(999年)頃? -永保二年(1082年)頃?)は、平安時代 平安中期の女流歌人。(8月15日 11時24分)
  • 百人一首/大弐三位
    百人一首の和歌の紹介をしています、歌番号58番、大弐三位の和歌の紹介です ... 大弐三位(?~?)は紫式部の娘で、藤原賢子といいます。 正三位大宰大弐 高階成章の妻となったので大弐三位と呼ばれましたが、父が越後守であったことから、越後弁とも ...(8月24日 8時07分)
  • 小倉百人一首 大弐三位
    【歌の背景】作者のもとに通っていた男が、彼女に対して(自分のことを棚にあげて)「あなたの心が頼りない」といった。そこで、彼女はこの歌で「頼りにならないのはあなたの方です」と反論した。自分から遠ざかりそうな男の不実を、皮肉で言い返したのだ ...(8月16日 18時27分)

大弐三位の検索結果へ


作品一覧は自動的に取得しているため、大弐三位と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大弐三位」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.