江國 香織

(エクニカオリ)
江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。  1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。 東京都世田谷区出身。順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国文学科卒業。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。 1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、はないちもんめ小さな童話賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第130回 直木賞 / 第15回 山本周五郎賞

江國 香織の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

なかなか暮れない夏の夕暮れ



角川春樹事務所

つめたいよるに (メルヘン共和国)


柳生 まち子 イラスト /
理論社

つめたいよるに



理論社

つめたいよるに (理論社のあたらしい童話)


柳生 まち子 イラスト /
理論社

あたしの一生 猫のダルシーの物語


江國香織 翻訳 /
小学館 2016-03-25
猫のダルシ―の視点で描く感動的な愛の物語。「あのひとへの、あたしの愛。それから、あたしへの、あのひとの愛。あたしは、あたしたちが一緒に暮らした日々の思い出を、あのひとの胸のなかにちゃん

江國 香織の著書を検索する

江國 香織の関連ニュース


江國 香織のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、江國 香織と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「江國 香織」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.