江國 滋

(エクニ・シゲル)
江國 滋(えくに しげる、1934年8月14日 - 1997年8月10日)は、東京出身の演芸評論家、エッセイスト、俳人。俳号は滋酔郎。 来歴・人物 小学校時代、1945年秋、東京から静岡県庵原郡蒲原町(現在の静岡市清水区)に転校して徹底的ないじめを受ける。当時の経験を後に「怨み骨髄、あのときのいじめの下手人たちの顔も名前も身体的特徴も、いまだに忘れていない」と語り、文筆家になってからも紀行文の中で当時の恨みつらみを吐露している。 静岡県立清水東高等学校を経て慶應義塾大学法学部政治学科卒。新潮社に入社、『週刊新潮』の編集部にいたが、1966年に退社。安藤鶴夫が企画した雑誌『寄席fan』の編集にたずさわるが、3号で廃刊。以降、文筆業に専念。 初の単行本『落語手帖』以来、初期は演芸評論を主に行う。その後、随筆や紀行文を書くようになる。 1969年に小沢昭一、永六輔らと共に、東京やなぎ句会を発足。俳人としては、俳諧味に溢れた軽妙な作風で知られ、殊に挨拶句の名手として知られた。また長年日本経済新聞の投句欄「日経俳壇」の選者を務めた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

江國 滋の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

日本語八ツ当り(新潮文庫)



新潮社 2016-06-17
賢人会議、オバさんしてる、だってェ――。言葉遣いは好みの問題、目くじら立てるのは野暮だと知ってはいるけれど、野暮を承知で言わせてほしい。こんな日本語、勘弁してよ。新聞記事や広告コピー、役人の文章や若者

わん・つう・すりーアメリカ阿呆旅行 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
知る人ぞ知るカードマジックの鬼才である著者のもとに、ある日、アメリカの「奇術の殿堂(マジック・キャッスル)」から招待状が届く。それは世界の名人が一堂に会す、夢の饗宴だ。ただちに著者は英語の特訓を開始。

落語手帖 (ちくま文庫)



筑摩書房 2013-11-15
世界に稀有な「落語」という芸が、ひとつの頂点を極めていた昭和30年代中期。落語に淫した随筆の名手が、その楽しさを愛惜をこめて描く。客席から見た、昭和の名人たちとその芸。落語があざやかに人間を描く様。服

書斎の寝椅子



岩波書店

続 書斎の寝椅子



岩波書店


江國 滋の著書を検索する

江國 滋の関連ニュース


江國 滋のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、江國 滋と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「江國 滋」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.