円城 塔

(エンジョウ・トウ)
円城 塔(えんじょう とう、男性、1972年9月15日 - )は、日本の小説家。本名非公開。ペンネームは、複雑系の研究者である金子邦彦の書いた短編小説「進物史観」に登場する物語生成プログラムの一つ「円城塔李久」に由来する。公式のローマ字表記はEnJoeToh。 来歴・人物 北海道札幌市出身。札幌市立啓明中学校、北海道札幌南高等学校を経て、東北大学理学部物理第二学科に入学。大学生時代はSF研究会(現・東北大学SF・推理小説研究会)に所属。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、法学部に伊坂幸太郎、理学部に松崎有理など、後に小説家となる人物が複数在学していた。 1995年に東北大学を卒業、以降は物理学ではなく学際的な領域に専攻を変え、2000年に東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了、博士(学術)の学位を取得した。 北海道大学、京都大学、東京大学で博士研究員として働く。34歳の時、次年度の研究費と給料を得る見込みがなくなり転職を決意。2007年より有限会社シングラムのウェブ・エンジニアとなる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第104回 文學界新人賞 / 第32回 野間文芸新人賞 / 第146回 芥川賞

円城 塔の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

攻殻機動隊小説アンソロジー



講談社 2017-03-28
また新たな攻殻ワールドが誕生した。’80年代後半に誕生し、世界の有名クリエイターに多大な影響を与えたSFの最高傑作『攻殻機動隊』。SF史に燦然と輝く『攻殻』の世界を人気作家たちが独自の視点で書きおろし

攻殻機動隊小説アンソロジー


士郎 正宗 原著 /
講談社

これで駄目なら


円城塔 翻訳 /
飛鳥新社 2016-02-04
ジョークが笑えるのは何故か、人々は何故孤独なのか。男が本当に欲しいのは何か、何故「情熱的に行動する人々」が人生を価値あるものにするのか。芸術家がすべきこと、音楽の慰め。

これで駄目なら


円城塔 翻訳 /
飛鳥新社

屍者の帝国 (河出文庫)



河出書房新社

屍者の帝国 (河出文庫)



河出書房新社 2014-11-21
屍者化の技術が全世界に拡散した19世紀末、英国秘密諜報員ジョン・H・ワトソンの冒険がいま始まる。天才・伊藤計劃の未完の絶筆を盟友・円城塔が完成させた超話題作。日本SF大賞特別賞、星雲賞受賞。

屍者の帝国



河出書房新社


円城 塔の著書を検索する

円城 塔の関連ニュース


円城 塔のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、円城 塔と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「円城 塔」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.