江崎 玲於奈

(エザキ・レオナ)
江崎 玲於奈(えさき れおな、「崎」は清音、1925年(大正14年)3月12日 - )は、日本の物理学者である。国外においてはレオ・エサキ(Leo Esaki)の名で知られる。1973年(昭和48年)に日本人としては4人目となるノーベル賞(ノーベル物理学賞)を受賞した。文化勲章受章者、勲一等旭日大綬章受章者。 建築技師である江崎壮一郎の長男として、大阪府中河内郡高井田村(現在の東大阪市)にて誕生した。1947年に東京帝国大学を卒業し、川西機械製作所(後の神戸工業株式会社、現在の富士通テン)に入社、真空管の陰極からの熱電子放出の研究を行った。1956年、東京通信工業株式会社(現在のソニー)に移籍する。半導体研究室の主任研究員として、PN接合ダイオードの研究に着手し、約1年間の試行錯誤の後、ゲルマニウムのPN接合幅を薄くすると、その電流電圧特性はトンネル効果による影響が支配的となり、電圧を大きくするほど逆に電流が減少するという負性抵抗を示すことを発見した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

江崎 玲於奈の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

限界への挑戦―私の履歴書



日本経済新聞出版社

きっずジャポニカ


江崎 玲於奈 監修 /
小学館

オプションを生かそう



中央公論新社

個性と創造



読売新聞


江崎 玲於奈の著書を検索する

江崎 玲於奈の関連ニュース


江崎 玲於奈のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、江崎 玲於奈と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「江崎 玲於奈」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.