藤枝 静男

(フジエダ・シズオ)
藤枝 静男(ふじえだ しずお、1907年12月20日 - 1993年4月16日)は、日本の作家、眼科医。本名勝見次郎。静岡県藤枝出身。 成蹊学園から名古屋の旧制第八高等学校を経て1936年に千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)を卒業。勤務医生活ののち独立、1950年から浜松市で眼科医院を営む傍ら、小説を書き続けた。1968年『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、1974年『愛国者たち』で平林たい子文学賞、1976年『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、1979年には『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。 本人の言の通り、簡潔で硬質な力強い文体と自他を隔てず冷徹な観察眼において、志賀直哉と瀧井孝作の影響を受けており、「心境小説」を独自のこだわりに推し進め、私小説の形をとりながら虚実のあわいに遊ぶような作品が多い。 藤枝市では、毎年4月の命日に同市五十海の岳叟寺にて、藤枝静男墓前祭「雄老忌」を開催している。藤枝市出身の作家小川国夫が命名したものである。 2007年には、藤枝静男や小川国夫などの文学世界を展示紹介する藤枝市文学館が、市民憩いの場所蓮華寺池公園の郷土博物館に接続する形で開設された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第32回 野間文芸賞 / 第12回 谷崎潤一郎賞

藤枝 静男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

悲しいだけ 欣求浄土 (講談社文芸文庫)



講談社 2013-11-29
緊張した透明度の高い硬質な文体。鋭角的に切り抉られた精神の軌跡。人間の底深い生の根源を鋭く問い続ける藤枝静男の名篇「欣求浄土」「一家団欒」を含む『欣求浄土』、藤枝文学の極北と称賛された感動の名作、野間

悲しいだけ・欣求浄土 (講談社文芸文庫)


川西 政明 解説 /
講談社

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)


川西 政明 解説 /
講談社

田紳有楽 空気頭 (講談社文芸文庫)



講談社 2013-11-29
あくまで私小説に徹し、自己の真実を徹底して表現し、事実の奥底にある非現実の世界にまで探索を深め、人間の内面・外界の全域を含み込む、新境地を拓いた、“私”の求道者・藤枝静男の「私小説」を超えた独自世界。

老年文学傑作選 (ちくまライブラリー)


駒田 信二 編集 /
筑摩書房

今ここ



講談社


藤枝 静男の著書を検索する

藤枝 静男の関連ニュース


藤枝 静男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、藤枝 静男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「藤枝 静男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.