藤沢 周平

(フジサワ・シュウヘイ)
藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 - 1997年(平成9年)1月26日)は、日本の小説家。山形県鶴岡市出身。本名、小菅 留治(こすげ とめじ)。血液型はB型。 江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。とくに、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした作品群が有名である。 長女遠藤展子は、エッセイスト。2010年4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。 来歴・人物 生い立ち 山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現在の鶴岡市高坂)に生まれる。父小菅繁蔵と母たきゑの第四子(兄弟は順に繁美、このゑ、久治、留治、てつ子、繁治)。実家は農家で、藤沢自身も幼少期から家の手伝いを通して農作業に関わり、この経験から後年農村を舞台にした小説や農業をめぐる随筆を多く発表することになる。郷里庄内と並んで農は、作家藤沢周平を考えるうえで欠くことのできない要素である。 1934年(昭和9年)、青龍寺尋常高等小学校入学(在学中に黄金村国民学校に改称。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第119回 芥川賞 / 第69回 直木賞 / 第20回 吉川英治文学賞

藤沢 周平の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)



講談社 2013-02-25
江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師・立花登。居候先の叔父の家で口うるさい叔母と驕慢な娘にこき使われている登は、島送りの船を待つ囚人からの頼みに耳を貸したことから、思わぬ危機に陥った――。起倒流柔術の妙

隠し剣孤影抄: 1



文藝春秋 2012-09-20
秘剣、外に語らず──伝授はもちろん、どんな技かも極秘にされる“隠し剣”。その隠し剣が必要になるとき、それは最悪の事態を意味する。剣鬼と化して破牢した夫のために捨て身の行動に出る人妻、これに翻弄される男

隠し剣孤影抄



文藝春秋

隠し剣孤影抄 (文春文庫 (192‐6))



文藝春秋
剣客小説のジャンルに新たなかたちを示したシリーズとして好評の「隠し剣」連作七篇。

愛憎の檻 獄医立花登手控え(三) (講談社文庫)



講談社 2013-02-25
娘の病を治したお礼にと、登に未解決事件の情報を教えてくれた男が牢の中で殺された。大胆な殺しの後、ゆうゆうと出牢した犯人を追い、登は江戸の町を駆ける――。家では肩身の狭い居候だが、悪事には敢然と立ち向か

人間の檻 獄医立花登手控え(四) (講談社文庫)



講談社 2013-02-25
子供をさらって手にかける老人の秘密。裁きを終えた事件の裏に匂い立つ女の性(さが)。小伝馬町の牢内に沈殿する暗く悲しい浮世の難事を、人情味あふれる青年獄医がさわやかに解決する。だがある日、かつての捕物の

藤沢 周平の著書を検索する

藤沢 周平の関連ニュース


藤沢 周平のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、藤沢 周平と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「藤沢 周平」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.