藤田 宜永

(フジタ・ヨシナガ)
藤田 宜永(ふじた よしなが、1950年4月12日 - )は、日本の小説家。別名義に入江香。 来歴・人物 初期はフランスを舞台にしたフィルム・ノワールを思わせるような犯罪小説や冒険小説を手がける。その後、主に推理小説および恋愛小説を執筆するようになり、都会的なセンスと人情の機微を描く優れた心理描写で、熟年の愛を描いた『愛の領分』にて第125回直木賞を受賞。 夫人は同じく直木賞作家である推理作家の小池真理子。夫妻で軽井沢在住。 1950年 福井県福井市に生まれる。 早稲田大学高等学院から、早稲田大学第一文学部に進むが中退、パリに渡ってフランスミステリーの翻訳を手がける。エールフランスにも勤務。 1980年 フランスからの帰国後、文筆活動に本格的に取り組みエッセイを執筆しつつ小説も手がける。 1986年 『野望のラビリンス』でデビュー。 1994年 『鋼鉄の騎士』で第48回日本推理作家協会賞、第13回日本冒険小説協会特別賞(黄金の鷲部門大賞)を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第125回 直木賞

藤田 宜永の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

奈緒と私の楽園



文藝春秋

奈緒と私の楽園 (文春e-book)



文藝春秋 2017-04-07
「あなたを子供に戻してあげたい」。男が絶対に認めたくない欲望を直視した衝撃作。50歳の音楽プロデューサー、塩原達也のもとを突然訪ねてきた29歳の奈緒。奈緒はセックス

大雪物語



講談社

大雪物語



講談社 2016-12-23
N県K町が観測史上初の99センチという豪雪に見舞われる。町民だけでなく観光客、仕事のため車で訪れた人々まで、駅や車中など長時間足止めを余儀なくされた。除雪作業も追いつかず、災害救助法が適用、自衛隊派遣

愛の領分 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
妻に先立たれ、一人息子を育てながら静かに仕立て屋を営む中年の男。28年ぶりに突然現れた、かつての親友。その妻で、むかし男が恋焦がれた女。そして35年ぶりに訪れた故郷で出会い、男が年齢差を超えて魅かれる

愛の領分 (文春文庫)



文藝春秋

愛の領分



文藝春秋

女系の総督 (講談社文庫)



講談社 2017-03-15


藤田 宜永の著書を検索する

藤田 宜永の関連ニュース


藤田 宜永のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、藤田 宜永と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「藤田 宜永」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.