藤原 智美

(フジワラ・トモミ)
藤原 智美(ふじわら ともみ、男性、1955年7月20日 - )は、小説家、エッセイスト。芥川賞受賞。福岡県福岡市出身。福岡県立福岡高等学校、明治大学政治経済学部政治学科卒業。1990年、フリーランスのライターの傍ら『王を撃て』により小説家デビュー。1992年『運転士』により第107回(1992年上半期)芥川龍之介賞受賞。 著書 小説 『運転士』講談社、1992 のち文庫 R リアリティ 集英社 1994 群体 講談社 1994 恋する犯罪 読売新聞社 1996 メッセージボード 読売新聞社 1997 ミッシングガールズ 集英社 1998 モナの瞳 講談社 2003 私を忘れないで(絵本)森祐子絵 インデックス・コミュニケーションズ 2006 エッセイ等 だから役にたつ仕事 世紀末と格闘するマニアックな人々 PHP研究所 1995 ディスプレイのなかの青空 白水社 1996 『「家をつくる」ということ―後悔しない家づくりと家族関係の本』(プレジデント社、1997年11月)のち講談社文庫 『家族を「する」家―「幸せそうに見える家」と「幸せな家」』(プレジデント社、2000年7月)のち講談社+α文庫 住まいから家族をみる 日本放送出版協会 NHK人間講座 2002 「子どもが生きる」ということ こころが壊れる空間・育つ空間 講談社 2003 たたかうマイホーム 住まいの現在家族の未来 廣済堂出版 2003 なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか 祥伝社 2005 のち黄金文庫 『ぼくが眠って考えたこと』(エクスナレッジ、2005年7月) 「知を育てる」ということ 後悔しない「学びの場」選びと親子関係の本 プレジデント社 2006 脳の力こぶ 科学と文学による新「学問のすゝめ」 川島隆太共著 集英社 2006 のち文庫  『暴走老人!』(文藝春秋、2007年8月)のち文庫  『検索バカ』(朝日新書、2008年10月) 骨の記憶 集英社、2011  関連項目 暴走老人 - 著作『暴走老人!』から派生した流行語。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第107回 芥川賞

藤原 智美の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術



プレジデント社 2013-05-24
電子メディア隆盛のいま、何をテーマに、どうのように書くか。芥川賞作家・藤原智美が、プロとして身につけたテクニック。そのすべてを伝えます。いま、何をテーマ

暴走老人! (文春文庫)



文藝春秋

暴走老人!



文藝春秋 2014-05-30
役所の受付で書類の不備を指摘され突然怒鳴り始める。コンビニで立ち読みを注意されて逆ギレし、チェーンソーで脅しをかける――。わずかなことで極端な怒りを爆発させる老人たちの姿から、その背後にある社会や生活

暴走老人!



文藝春秋

スマホ断食 ネット時代に異議があります



潮出版社 2016-09-30
1日2時間以上“スマホ”をいじっている人は要注意!芥川賞作家によるネット社会批判。何かあるとすぐにネットで検索。止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。

検索バカ (朝日新書)



朝日新聞出版


藤原 智美の著書を検索する

藤原 智美の関連ニュース


藤原 智美のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、藤原 智美と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「藤原 智美」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.