藤原 顕季

(フジワラノ・アキスエ)
藤原 顕季(ふじわら の あきすえ、天喜3年(1055年) - 保安4年9月6日(1123年9月27日))は、平安時代後期の貴族・歌人。美濃守・藤原隆経の息子。官位は正三位・修理大夫。六条修理大夫と号した。歌道家の流派のひとつ六条藤家の祖。善勝寺流初代。 藤原北家魚名流で、魚名の子末茂の後裔である正四位下美濃守藤原隆経の子として生まれる。末茂の子孫では光孝天皇の母藤原沢子の甥として中納言に昇った有穂が唯一の公卿であり、顕季の家は代々受領を務める中級貴族に属する家であった。 母親が白河天皇の乳母であったため、乳兄弟として白河天皇の信任が厚く、若い頃より讃岐国・丹波国・尾張国と上国の国司を歴任。永保3年(1083年)には29歳にして早くも正四位下に昇進する。その後も大国である播磨守や大宰大弐に任官する等により財力を蓄え、その邸宅六条殿は白河院の院庁となるほど豪勢なものであった。また、家格を上げるために、白河上皇の生母藤原茂子の兄である藤原実季の養子にもなった。 院の近臣として権勢を誇り、長治元年(1104年)には従三位に昇進、末茂の子孫としては前述の有穂以来の公卿となった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

藤原 顕季の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

藤原 顕季の著書を検索する

藤原 顕季の関連ニュース


藤原 顕季のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、藤原 顕季と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「藤原 顕季」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.