藤原道綱母

(フジワラノミチツナノハハ)
藤原道綱母(ふじわら の みちつな の はは、承平6年(936年)? - 長徳元年5月2日(995年6月2日))は、平安時代中期の歌人。藤原倫寧の娘。 『尊卑分脈』に「本朝第一美人三人内也(=日本で最も美しい女性三人のうちの一人である)」と書かれているが、尊卑分脈は間違いも多く根拠は判然としない。なお、『榻鴫暁筆』(室町時代後期)によれば、他の2人は、藤原安宿媛(光明皇后)。と藤原明子 (染殿后)である。 藤原兼家の妻の一人となり一子道綱を儲けた。また、兼家の旧妻である源兼忠女の娘を引き取り養女にしている。兼家との結婚生活の様子などを『蜻蛉日記』につづった。晩年は摂政になった夫に省みられる事も少なく寂しい生活を送ったと言われているが詳細は不明。『蜻蛉日記』は没年より約20年前、39歳の大晦日を最後に筆が途絶えている。 小倉百人一首では右大将道綱母とされている。 和歌 『拾遺和歌集』以下の勅撰集に36首が採られ、弟・藤原長能や一子・藤原道綱と共に中古三十六歌仙に選ばれている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

藤原道綱母の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

蜻蛉日記 (Ondemand collection―Heibonsha library)


与謝野 晶子 翻訳 /
平凡社

蜻蛉日記



おうふう

マンガ蜻蛉日記



平凡社


藤原道綱母の著書を検索する

藤原道綱母の関連ニュース


藤原道綱母のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、藤原道綱母と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「藤原道綱母」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.