深田 祐介

(フカダ・ユウスケ)
深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:雄輔 1931年7月15日 - 2014年7月14日)は、日本の作家。1982年に『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞した。 生い立ち 東京市(現東京都千代田区)生まれ。曾祖父は江戸城の奥に出入りした御用商人だった。祖父は日本橋に深田銀行を設立したが、不況で東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)に吸収された。父は入サ証券を起こすが、やはり後に丸三証券に買収された。 自宅のある千代田区内にあるフランス系カトリック校の暁星高等学校を経て、早稲田大学法学部に入学、在学中から堀辰雄に傾倒し、曽野綾子らとともに同人誌『ラマンチャ』に参加した。 サラリーマン作家 大学卒業後は観光会社や外国航空会社など、会社を転々としながら執筆を続け、小説『空港』が群像新人文学賞候補となったのに続き、1958年小説『あざやかなひとびと』で、第7回文學界新人賞を受賞した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第87回 直木賞 / 第7回 文學界新人賞

深田 祐介の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

炎熱商人(上)



文藝春秋 2012-09-20
中堅商社のマニラ事務所長小寺は本社の要請で未経験のラワン材取引きに手を染めた。しかし現地の人々との信頼の上にビジネスを進めようとする彼の前に、厳しい現実が次々とたちはだかってくる……。炎熱の地で困難な

炎熱商人(下)



文藝春秋 2012-09-20
所長・小寺の誠意と情熱、日比混血のローカル社員フランク・佐藤や出向社員石山たちの努力で本社の要求を満たし、業績をあげたマニラ事務所は「支店」に昇格した。小寺の抱く理想、若い石山と女学生レオノールとの国

深田 祐介の著書を検索する

深田 祐介の関連ニュース


深田 祐介のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、深田 祐介と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「深田 祐介」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.