深町 秋生

(フカマチ・アキオ)
深町 秋生(ふかまち あきお、1975年11月19日 - )は、日本の小説家。山形県南陽市出身。山辺町在住。 山形県立山形中央高等学校、専修大学経済学部卒業。 大学卒業後、1999年から製薬メーカーに勤務する傍ら、加藤 小判(ニルヴァーナのカート・コバーンのもじり)名義で山形新聞の「山新文学賞」に投稿を続ける(「見えない」「供物」など佳作が受賞した)。2003年、「山新新人賞」の選考委員を務めていた文芸評論家の池上冬樹の紹介で佐藤広行とともに『完全自殺マニュアル』を小説化した『小説自殺マニュアル』を発表する。 2004年、『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。2005年、同作で本格的に作家デビュー。25万部突破のベストセラーとなる。 2008年、製薬メーカーを退職し専業作家となる。2010年、『ダブル』が「このミステリーがすごい!」2011年版の14位にランクイン。『このミステリーがすごい!』大賞出身作家が同ランキングにランクインしたのは初めて。 2012年から始まる組織犯罪対策課八神瑛子シリーズは、2014年1月現在、発行部数34万部を突破している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

深町 秋生の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子III (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2013-07-10
自殺とされた夫の死の真相に迫る警視庁上野署の八神。警察による証拠改ざんの疑いが増す中、執念で摑んだ手がかりは、新宿署の五條の存在だった。権威と暴力で闇社会を支配する五條に、八神は命を賭した闘いを仕掛け

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)



幻冬舎
アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2012-06-06
暴力を躊躇わず、金で同僚を飼い、悪党と手を結ぶ。上野署組織犯罪対策課の八神瑛子は誰もが認める美貌を持つが、容姿から想像できない苛烈な捜査で数々の犯人を挙げてきた。そんな瑛子が世間を震撼させる女子大生刺

卑怯者の流儀



徳間書店 2016-09-30
警視庁第四課広域暴力団係に所属する米沢英利に「女を捜して欲しい」とヤクザの若頭補佐が頼み込んできた。米沢は受け取った札束をポケットに入れ、夜の街へと繰り出す。“ワルイ”捜査官のもとに飛び込んできた黒い

アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子II (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2012-07-04
警視庁上野署の八神瑛子。容姿端麗ながら暴力も癒着も躊躇わない激烈な捜査で犯人を挙げてきた。そんな彼女に、中米の麻薬組織に狙われる男を守ってくれ、という依頼が入る。男を追うのは残虐な手口で世界中の要人や

深町 秋生の著書を検索する

深町 秋生の関連ニュース


深町 秋生のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、深町 秋生と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「深町 秋生」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.