深沢 七郎

(フカザワ・シチロウ)
深沢 七郎(ふかざわ しちろう、1914年〈大正3年〉1月29日 - 1987年〈昭和62年〉8月18日) は、日本の小説家、ギタリスト。 来歴・人物 山梨県東八代郡石和町(現笛吹市石和町)に生まれる。旧制日川中学校(現山梨県立日川高等学校)卒業。中学の頃からギターに熱中し、ギタリストとなる。1923年(大正12年)9月1日には京浜地方を中心に関東大震災が発生している。関東大震災は山梨県においても被害があり、深沢も生家で体験し、後に『庶民烈伝』において回想している。1954年(昭和29年)、「桃原青二」の芸名で日劇ミュージックホールに出演した。 1956年(昭和31年)に姨捨山をテーマにした『楢山節考』を中央公論新人賞に応募、第1回受賞作となった。三島由紀夫らが激賞して、ベストセラーになった。また、戦国時代の甲州の農民を描いた『笛吹川』も評判になった。しかし一度も芥川賞候補になっていない。 1960年末に『中央公論』に発表した『風流夢譚』では、皇室を侮辱していると受け取れるような内容を描いたため、翌年、中央公論社社長宅が右翼に襲撃される嶋中事件(風流夢譚事件)が起こった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第17回 谷崎潤一郎賞

深沢 七郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

楢山節考



中央公論新社

人間滅亡的人生案内 (河出文庫)



河出書房新社 2016-01-07

人間滅亡的人生案内



河出書房新社

みちのくの人形たち (中公文庫)



中央公論新社 2012-05-23

みちのくの人形たち (中公文庫)



中央公論新社 2012-12-19
お産が近づくと屏風を借りにくる村人たち、両腕のない仏さまと人形――奇習と宿業の中に生の暗闇を描いて世評高い表題作をはじめ名作七篇を収録する。谷崎潤一郎賞受賞作。

みちのくの人形たち



中央公論新社


深沢 七郎の著書を検索する

深沢 七郎の関連ニュース


深沢 七郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、深沢 七郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「深沢 七郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.