蕗谷 虹児

(フキヤ・コウジ)
蕗谷 虹児(ふきや こうじ、蕗谷 虹兒、1898年(明治31年)12月2日 - 1979年(昭和54年)5月6日)は、挿絵画家、詩人。 1898年(明治31年)新潟県新発田町(現新発田市)に生まれる。本名は一男といった。母親は新発田町の湯屋の看板娘で京風の美人と伝えられる。新聞記者と駆け落ちして出産したが、貧困の末、蕗谷が12歳の時に27歳の若さで死去した。母への追慕の情が、後の蕗谷の作風に影響を与えたと言われる。 母親の死により家族は離散。新潟市の印刷会社に丁稚奉公、絵の勉強をしながら夜学に通う。1912年(大正元年)貧しいながらも恵まれた絵の才能が新潟市長の目にとまり、日本画家の尾竹竹坡(おたけちくは)の弟子になるよう勧められ、14歳で上京(この尾竹竹坡の姪が『青鞜』の尾竹紅吉である)。内弟子として竹坡のもとで日本画を約5年学ぶが、父親の仕事の関係で樺太へ渡る事になり、それを機に放浪画家の生活を送ることになる。 1919年(大正8年)竹坡門下の兄弟子の戸田海笛を頼って上京。戸田海笛の紹介で日米図案社に入社、図案家としてデザインの修行をする。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

蕗谷 虹児の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

虹児の画集 (1971年)



大門出版

花嫁人形―抒情詩画集



国書刊行会
2009年第11刷発行です。若干のスレ、汚れはありますが、比較的きれいだと思います。折込、書込みは見あたりません。

かぐやひめ (オールカラー版世界の童話 15)


大日方 明 イラスト /
小学館

銀の吹雪



交蘭社

銀の吹雪



交蘭社

銀の吹雪



交蘭社

日本の民話 (オールカラー版世界の童話 8)


羽石 光志 イラスト /
小学館


蕗谷 虹児の著書を検索する

蕗谷 虹児の関連ニュース


蕗谷 虹児のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、蕗谷 虹児と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「蕗谷 虹児」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.