福田 和也

(フクダ・カズヤ)
福田 和也(ふくだ かずや、1960年(昭和35年)10月9日 - )は、日本の文芸評論家。慶應義塾大学環境情報学部教授。 東京都北区田端出身。高校生の時に神奈川県葉山町に転居。 慶應義塾大学在籍時には古屋健三に師事。フランス文学研究の主流への激しい反発から「誰もテーマに選ぼうとしなかった」ファシズム作家を研究対象に選び、第二次世界大戦時にナチス・ドイツに積極的に協力したフランスの文学者(コラボラトゥール作家)を研究テーマに選択する。国書刊行会の編集者・佐々木秀一に要請され執筆した『奇妙な廃墟――フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール』で出版デビューを果たす。しかし執筆は難航、大学院在学中の2年、大学を出て家業を手伝いながら3年、それも辞めて執筆に専念しての2年の計7年間が費やされた。 『奇妙な廃墟』で江藤淳に見出され1990年、月刊誌『諸君!』に「遥かなる日本ルネサンス」を連載発表し論壇デビュー。近代日本の文芸評論を軸とした文筆活動から開始し、『日本の家郷』により第6回三島由紀夫賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第6回 三島由紀夫賞

福田 和也の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

合本 昭和天皇【文春e-Books】



文藝春秋 2016-11-18
彼の人――昭和天皇―の視座を借りて、近現代史のメインプレイヤーから、一般兵士、市井の人々のドラマを描いたく大作、全7部を一巻に収録。第一部 日露戦争と乃木希典の死第

「文豪」がよくわかる本


福田 和也 監修 /
宝島社

スポーツビジネス概論2



叢文社 2016-04-06

乃木希典 (文春文庫)



文藝春秋

乃木希典



文藝春秋

空間の行間



筑摩書房
   粋な書物というものがあるとすれば、本書はその好例だろう。世界を舞台に活躍する建築家であり、思想・美術などの分野でも並はずれた存在感を示す磯崎新。文芸評論の枠を越え、驚嘆するほどの知識を懐に文化全

福田 和也の著書を検索する

福田 和也の関連ニュース


福田 和也のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、福田 和也と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「福田 和也」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.