福沢 諭吉

(フクザワ・ユキチ)
『福澤諭吉』より : 福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、神戸商業講習所(後の神戸商業高校)、土筆ヶ岡養生園(後の北里研究所)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。新聞『時事新報』の創刊者。他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。そうした業績を元に明治六大教育家として列される。昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。 諱は範(はん)。字は子囲(しい、旧字体:子圍)。揮毫の落款印は「明治卅弐年後之福翁」。雅号は、三十一谷人(さんじゅういっこくじん)。もともと苗字は「ふくさわ」と発音していたが、明治維新以後は「ふくざわ」と発音するようになった。 現代では「福沢諭吉」と表記されることが一般的である。なお「中村諭吉」と名乗っていた時期がある。 出生から中津帰藩、長崎遊学 天保5年12月12日(1835年1月10日)、摂津国大坂堂島浜(現・大阪府大阪市福島区福島1丁目、通称 ほたるまち)にあった豊前国中津藩(現・大分県中津市)の蔵屋敷で下級藩士・福澤百助と妻・於順の次男(末子)として生まれる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

福沢 諭吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

学問のすすめ



2012-09-13
近代日本の代表的な啓蒙思想家、教育者である福沢諭吉の最も代表的な著作。初編は1872(明治5)年に刊行したが大変な評判を受けシリーズ化、1876(明治9)年の第17編まで刊行され、当時としては驚異的な

学問のすゝめ (講談社学術文庫)


伊藤正雄 その他 /
講談社 2014-10-24
天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。近代日本を代表する思想家が説く、国民の精神革命。自由平等・独立自尊の理念を掲げ、西洋的「実学」を奨励する不朽の書に、より多くの読者が親しむことを企図し、本書は

学問ノススメ



福沢諭吉

学問のすゝめ



創栄出版

学問ノススメ



Kindleアーカイブ 2014-10-28
原本出版年:1880 原本出版者:福沢諭吉武士、蘭学者、啓蒙思想家、教育者など様々な顔を持つ福沢諭吉の著作。人生における学問の重要性を説いている。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず

学問のすゝめ (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-22
「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」.著名なこの一文で始まる本書は,近代日本最大の啓蒙家である著者が,生来平等な人間に差異をもたらすのは学問の有無によると説く.彼のすすめる学問とは,西

福沢 諭吉の著書を検索する

福沢 諭吉の関連ニュース


福沢 諭吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、福沢 諭吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「福沢 諭吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.