船戸 与一

(フナド・ヨイチ)
船戸 与一(ふなど よいち、1944年2月8日 - 2015年4月22日)は、日本の小説家。本名:原田 建司(はらだ けんじ)。 山口県下関市生まれ。山口県立下関西高等学校、早稲田大学法学部卒業。 小学館、祥伝社などの出版社勤務を経てフリーになり、執筆活動を始める。1979年『非合法員』(講談社)で冒険小説家としてデビュー。 他に豊浦 志朗の筆名で『叛アメリカ史』等のルポルタージュ、外浦 吾朗の筆名で『ゴルゴ13』、『メロス』の劇画原作も著している。 2015年4月22日 、胸腺癌のため死去。71歳没。闘病生活を続けながら執筆した長編『満州国演義』シリーズの完結をもって絶筆となった。 エピソード 早稲田大学探検部 早稲田大学在学中は探検部(第三期生)に所属した。先輩には西木正明らがいる。アラスカのエスキモーを訪問し、本名で共著『アラスカ・エスキモー』を刊行した。 1997年に発生したペルー早稲田大学探検部員殺害事件では、同事件で被害者に対してコメントした橋本龍太郎に対して反発。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第123回 直木賞 / 第5回 山本周五郎賞 / 第6回 吉川英治文学新人賞 / 第18回 日本ミステリー文学大賞

船戸 与一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

新宿・夏の死



小学館 2013-08-30
闇深い街に多様にうごめく人間の情念を描く人生の最後を息子の復讐のために使い切ろうと灼熱の新宿を疾走する老いた父親。生きて虐げられ、死んでなお見捨てられるオカマたちが誇りをかけて

船戸 与一の著書を検索する

船戸 与一の関連ニュース


船戸 与一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、船戸 与一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「船戸 与一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.