船山 馨

(フナヤマ・カオル)
船山 馨(ふなやま かおる、1914年3月31日 - 1981年8月5日)は、日本の小説家。 北海道札幌市生まれ。養父は新聞記者・森笛川。札幌二中(現北海道札幌西高等学校)に在学中、組合教会に通った。1932年、早稲田高等学院に入学するも、1学期で退学。1934年に明治大学予科に入学し、1937年に商学部の1年のときに退学する。1937年に北海タイムス(のちに北海道新聞に統合)の社会部学芸記者となる。1939年にふたたび上京し、四社連合に勤める。1940年、寒川光太郎・椎名麟三・野口富士男・佐々木翠らの『創作』(のち『新創作』)の同人に加わり、「私の絵本」を執筆。「私の絵本」は、『文芸』の第2回同人雑誌推薦作候補となった。同年、青年芸術派を結成、『青年芸術派叢書』の1巻として長編小説『衣裳』を書き下ろし出版する。さらには第13回、14回と2回続けて作品が芥川賞候補となるなど早くも文壇でも一目置かれる存在へとなっていく。この間、1944年に佐々木翠(本名・坂本春子)と結婚している。 戦後は文芸雑誌「序曲」の同人となり、『笛』『半獣神』『魔術師』など実存主義的傾向の強い作品を発表し、椎名・野間宏・埴谷雄高らとともに第一次戦後派の一人と目されるが、1948年にヒロポン中毒となり、やがて執筆活動に支障をきたすまでの状態となり、文壇からは半ば見放された状態となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第15回 吉川英治文学賞

船山 馨の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

蘆火野 (あしびの)



河出書房新社

石狩平野〈下〉



河出書房新社

石狩平野 (1967年)



河出書房
商品) 1967船山馨『 石狩平野 』 / 河出書房 / 帯有 1967年 9月11日 再版発行 大きさ:14×19 重量:580g 【商品の状態】個人購入後の個人保管ですので経年の色焼け、使用感あり

蘆火野 (1973年)



朝日新聞社

闇からの声 (昭和41年) (世界科学・探偵小説全集〈24〉)


武部 本一郎 イラスト /船山 馨 翻訳 /
偕成社


船山 馨の著書を検索する

船山 馨の関連ニュース


船山 馨のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、船山 馨と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「船山 馨」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.