舟崎 靖子

(フナザキ・ヤスコ)
舟崎 靖子(ふなざき やすこ 1944年5月17日 - )は神奈川県出身の詩人、児童文学作家。別の筆名として童謡・詩で近江靖子、小説・随筆で村上靖子。
小田原市生まれ。祖父は弁護士。
マラソン選手志望だったが、川村女子短期大学英文学科在学中に落馬事故で自宅療養生活を余儀なくされ、病床で読書に耽る。1964年、療養中に書いた童謡「うたう足の歌」で第9回日本レコード大賞童謡賞を史上最年少受賞。同年、当時学習院大学1年生だった舟崎克彦の第一詩集「いもむしの詩」(栄光社、自費出版)を買ったことがきっかけで、克彦と知り合う。高田敏子 (詩人) 高田敏子に師事し、克彦と共に高田主宰の同人誌に参加。1965年、詩集「ポテトチップ館」を刊行。
1968年秋、克彦と結婚。1969年に長女を出産。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第33回 日本児童文学者協会賞

舟崎 靖子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

もりのおかしやさん (もりはおもしろランド( 2))


舟崎 克彦 イラスト /
偕成社

もりのピザやさん (もりはおもしろランド)


奈良坂 智子 イラスト /
偕成社

もりのスパゲッティやさん (もりはおもしろランド)


奈良坂 智子 イラスト /
偕成社

もりのおもちゃやさん (もりはおもしろランド( 5))


舟崎 克彦 イラスト /
偕成社


舟崎 靖子の著書を検索する

舟崎 靖子の関連ニュース


舟崎 靖子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、舟崎 靖子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「舟崎 靖子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.